CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    2015/5/6 強い!田口が5度のダウンを奪い初防衛(WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ)
    0

      田口良一 vs クワンタイ・シスモーゼン

      初防衛の田口はここまで24戦21勝(8KO)2敗1分

      タイからやってきた挑戦者は53戦49勝(26KO)3敗1分の世界ミニマム級の元チャンピオン

      両者かなり立派な戦績。

      特に挑戦者はミニマムのキャリアが多い割にはKO率5割超えはかなり立派ですね。

      テレビ局は強かわいい(つよかわいい)のキャッチコピーを使いたがってますが、アナウンサーなど大の大人が使うとちょっときもいんでやめて欲しいです。

      ■1R

      両者ジャブの打ち合い。だけど、ちょっと距離近い感じしますね。

      クワンタイが探るようにボディーや右ストレートを打ってきます。

      田口は左ジャブだけだが、ジャプはとても良い、何発もジャブをヒット。

      クワンタイが近距離から左のアッパーカットをヒット。ゆるいパンチなのでダメージはないが、着々とどのパンチに田口がどういうふうに反応するかきっちりと計ってる感じしますね。

      時折クワンタイがアホみたいな大ぶりパンチの空振り、これは...うーん、プレッシャーなのか?

      2分ちょうどごろ、そこまで左ジャブだった田口がコンビから左ボディーブローを一発ヒット。

      その後クワンタイも左ボディーをヒット。

      田口はフットワークといい左じゃプ。

      クワンタイはいろんなパンチをいろんなスピードで強弱をつけて打てる選手ですね。アッパー系がちょっと怖い感じします。

      判定難しいな手数でクワンタイになるのかな。

      ■2R

      クワンタイ手数が少ないと思ったら、突然強いパンチを振ってきますね。

      大きなパンチのヒットはありませんが、アッパー系、ボディボローなど単発のヒットが目立ちます。

      田口は相変わらず左は良いです。

      クワンタイガードの上から叩きつけるロングフックなどで手数は多いのですが、空振りが比較的多いですね。

      2分半、田口の左アッパーカットがクリーンヒット。

      しかしクワンタイここから俄然戦闘モードで手数が止まらない感じの攻勢モード。

      しかし田口が左フックから右ストレート。クワンタイが返しの左フックを空振りした直後、田口の右ストレートがヒット、一発でクワンタイがダウン。

      再開後すぐラウンド終了。

      ■3R

      注目の出だし、クワンタイは手数が少ないと思ったら左フック空振り。

      田口は軽く左ジャブで対応。

      田口がコーナーに詰まったところでクワンタイ攻めると思いきやパンチ二発のみ。ダメージが残ってるかベタベタなスタミナ回復ラウンドっぽいです。

      と、思ったら、以後のパンチは力強く、何発も続きますね。

      ただ田口は、フットワークと左ジャブ、それから右ストレートで対応。

      手数はクワンタイしかし、空振り相変わらず多い。

      ラウンド終盤はクワンタイ疲れたか、田口のショートだけがヒット。

      田口は鼻血出してます。

      ■4R

      クワンタイ相変わらず空振りが多く、手数は多いがヒットはこのラウンド序盤は圧倒的に田口。

      クワンタイボディーブローまで空振り。

      中盤でもクワンタイの空振りと空振りの合間に田口の左、右が入る。

      このラウンドはもう、圧倒的に田口。

      撃ちぬくような右ではないがショートでガツンと頭部にヒットする軽い右が多数ヒット。

      ■5R

      相変わらず空振りが多いが、このラウンドはクワンタイがずっと攻めっぱなし、田口は単発の左フックを返す程度。

      しかし、残り1分程度はクワンタイも手数が止まり田口のショートパンチだけがヒットする展開。

      2分頃から、田口左ショートフック。

      2分過ぎ、田口左ジャブのダブル、それから左フックが2発ヒット。

      クワンタイ右ロングフックを空振り。

      クワンタイ左ボディーブロー。

      田口右アッパー、右ストレート、左アッパー。

      クリンチ離れ際にクワンタイの左フックがヒットしますが、その後田口の右ストレート、右アッパー、左アッパー。

      クワンタイが左フックを空振りするところに田口の右ストレートがガツンとヒット。

      クワンタイもう一回左フックを空振りするところにまた田口が道ストレートをヒット。

      そのあとまたクワンタイがスピードのない左を打ったところに今度は田口のワンツーがヒットするとクワンタイがストンと腰から落ちるダウン。

      残り6秒で再開。さすがに追い切れずゴング。

      ■6R

      クワンタイはさすがに捨て身の攻撃をセざるを得ない立場ですが。

      ガードを固めて前に出るクワンタイ、手数は出ない。

      一発目のパンチ、やはりスピードがもうがっくりと落ちてる感じです。

      田口は容赦なくガードの上から強いパンチ。クワンタイダメージおっきい感じですね。

      田口の余裕モードになると思いきややっぱり大振りパンチ振ってきますが、やっぱり空振り。

      ガードのスキマに田口の左フック。

      直後にクワンタイの素早いパワーフック、やっぱり空振り。

      クワンタイやっぱり空振り、田口も空振り。やっぱりKO率の低い選手が狙っても当たんないですね。

      もう左ジャブ、ワンツー、左ボディでめった打ちにすれば倒せそうじゃんって思いますが、なかなかそうはならない。

      ただ、田口の左ジャブは止まらないので、試合のコントロールは問題ない。

      と思ったら、クワンタイの左ボディー、序盤からこのパンチは多数あたっており、ダメージがないってことは無いでしょうね。

      ちょっと大降りになる田口のパンチをかいくぐってクワンタイが接近、時折早いパンチを打つが、3発目当たりのパンチがものすごくスピードが乗らず当たらない。ちょっとひやりとするシーンがありましたが、残り15秒、田口の右ボディブローがボディ中央にヒット、明らかにクワンタイに異変あり。

      ボディだけをベタベタにガードするクワンタイに右ストレート左ボディー、右フック、右ストレートからの左フック、テンプルへの右ストレート、さらに右ストレートから左フック。クワンタイが崩れるようにダウン。

      レフェリーの再開遅いよ。

      立ち上がったところでゴング。

      しかし、あの右ボディーで、もう試合はどうにもならない感じにはなりました。

      次のラウンドクワンタイが出るかどうかっていうレベルのダメージに思います。

      ■7R

      さすがにクワンタイ手が出ません。田口がガードの上から左フック、左ボディー、そしてボディーの中央への左ボディー、右ストレート、容赦なくいい感じのコンビから入ります。

      そして左ジャブで、クワンタイの頭を跳ね飛ばします。

      もうクワンタイはボディーのガードしか出来ないでしょうから、勝負の一発の全力パンチが当たるかどうってだけのボクシングですね。

      それでもクワンタイ、さすがに右フック一発当てますが、直後田口の右ストレート返されます。

      もう打つてがない感じのクワンタイですが、さすが元チャンピオン。

      しかし田口、ガードのスキを狙うように右のショートアッパーをヒット、この人、強いわ。

      ちょっと1分20秒頃から田口モードチェンジ、左右の連打で倒しに来ますが、から振り多数。

      クワンタイが前に出ますが田口は右フックをヒット。

      クワンタイ時折鋭いパンチ出してくるんですが、やっぱり空振り。

      残り45秒、田口の左ボディ、こっちも効いたか。クワンタイもうガードが上がらない感じ。それでもパンチを数発田口にヒットするが、田口怯まず前進する。クワンタイもすごい、フラフラしながら力強いパンチを数発打ってきますが、田口が左ジャブを2発ヒット、クワンタイが右のボディブローを放ったあと、残り5秒で右ストレート、クワンタイがバックステップでかわしたようにも見えましたが(スローで見るとテンプルをカツンと叩いてますね)、そのまま膝をつく4回めのダウン。立ち上がったところでゴング。

      ■8R

      ちょっともう、クワンタイ、ガードもままならない感じ、

      セコンドがタオル入れてもいい状態ですね。

      14秒、田口の左ストレートがクリーンヒットでクワンタイの頭が後ろに跳ねます。

      16秒、田口の左ボディーがヒット。クワンタイの腰がガクっと落ちます。

      もうこの辺でレフェリーが試合止めてもいい感じの展開。クワンタイはボディーをベタにガードしたまま頭部への右ストレートとガードの上からのパンチでコーナーに詰まり、最後の田口の右ストレート当たらなくても倒れた感じだが、そのまま膝をついて22秒でダウン。

      レフェリーは試合止めず、ダウンのカウント。

      むりくり再開と思いきや、さすがにここで試合終了。


      ストップ遅すぎたと思います、チャンピオンがノーダメージで挑戦者はガードがままならない状態で危険だったと思います。

      試合の感想としては、クワンタイの異常なレベルの空振りの多さが印象に残りました。
      それだけ田口の左とフットワークで距離をコントロールしてたかと思います。

       

      | ボクシング世界戦 | 11:55 | comments(0) | - |
      2015/4/30 藤本京太郎 僅差判定でv3 日本ヘビー級タイトルマッチ
      0

        うーん、また2日遅れてのテレビ中継になりましたね。

        藤本京太郎 vs 石田順裕

        チャンピオンとランキング一位の試合です。

        昨年はノンタイトル戦でしたが、2年続けて同じ日に同じ選手同士の対戦となりました。

        3度めの防衛戦の藤本京太郎はここまで11勝(6KO)1敗

         石田順裕はここまで27勝(11KO)10敗1分

        体格は、石田のほうが、ちょっとスリムで身長が高い。

        前日の計量時の体重は藤本101.4kg、石田は93.2kgとのこと。

        ■1R

        うーん、序盤ちょっと咬み合わない感じ、近づくと藤本がクリンチ。

        そしてクリンチを解いた瞬間に放った藤本の左フックがヒット。

        1分ごろ石田のいい右ストレートがヒット。

        藤本は手数が少なく、足も使わない。コンディション不良?

        ■2R

        このラウンド、藤本の左ジャブでスタート。

        しかし石田がパンチを打つと藤本がクリンチ。

        40秒ごろ、藤本の左ジャブに合わせて石田のクロスカウンター気味の右ストレート、ちょっと浅い。

        その後も藤本は手数少ない。39歳の石田のスタミナ切れを狙ってるのなら残念な戦法。

        石田はジャブがいい。

        ■3R

        このラウンドから藤本も手数が増えます。

        両者手数が増えるが、あまり当たらず。

        1分過ぎやはり当たったのは石田のワンツー。

        1分半、石田の単発の右。いずれも浅いが、藤本はいいとこなし。

        クリンチのあと、もう一発石田の右ストレート、直後に藤本の左フックがヒット。

        珍しく藤本が飛び込んで右のボディー、離れ際石田の左フック。

        終盤、石田の左ボディー、藤本の右フック、左フック、いい感じのパンチのヒットあり。

        ■4R

        石田ちょっと手数が減りました。

        両者決定的なパンチがなく、左ジャブなど軽いパンチの単発の好感程度ですが。

        石田が前に出る際に藤本がちょこっとカウンターで合わせるパンチが数発あり。

        石田のワンツーの打ち終わりに藤本が4連打を返すなど、手数で藤本。

        ■5R

        藤本はフットワーク使い始めました。

        1分半、石田の右がヒット。直後藤本の右もヒット。

        両者頑張って手数出してる感じ。

        途中採点

        48-48

        48-47 石田

        48-47 石田

        と非常に僅差ながら石田

        ■6R

        石田は、左ジャブ、そしてワンツー。

        藤本は接近して、ボディを絡めたコンビネーション。

        時折両者のパンチが当たる距離でのパンチの交錯あり、両者とも積極的。

        藤本もちょっと息が上がってきた感じ。

        石田は、うーん、ガード下がってきたなぁ。

        ■7R

        序盤両者接近した状態でガチャガチャしたショートパンチの打ち合い。両者さすがに数発ずつヒット。

        中盤、石田の右が入りますが、さほどダメージないか。

        石田が先に打ち、打ち終わりに藤本が返す展開が多い。

        2分過ぎ藤本のワンツーがヒット、これはちょっとダメージ与えた感じ。

        石田はそれでも前に出るが、ちょっとスピードがない感じ。藤本は軽いカウンター何発か当てるが深追いはせず。

        そして、拍子木の音で藤本勘違いしてコーナーに戻ろうとして、そこに石田が飛び込んでパンチ打つが当たらず、一歩間違えたら大惨事。

        藤本も疲労なんでしょうね。

        ■8R 

        このラウンド序盤から藤本が攻勢。

        藤本のアッパーカット、浅い。

        石田の左ジャブがヒット。藤本もワンツーで応戦。

        藤本の左フックがヒット。

        石田のクリーンヒットが目立って減ってきました。それでも手数出すが、空振り。

        終盤それでも石田前進してパンチ打ちますが、うーん、さほど効果的なヒットなし。頑張りは感じますが。

        藤本はもう判定狙いかな。

        ■9R

        頑張って両者ショートの打ち合い。

        藤本がくっついてのボディーへの連打等、手数でみせますが、石田もショートでのパンチ数発クリーンヒットはありますが、試合の流れを変えるまではいかす。

        ■10R

        藤本は時折むっちゃ手打ちのパンチ、そしてクリンチ。

        石田は右ストレートから、下がる藤本に飛び込んで左フックを打ち込むシーンあり、浅いかな。

        その後も石田の左フックで藤本後退するシーンもありましたが、追い切れず。

        中盤以降はもう両者疲れたか、藤本がクリンチするシーンも石田からクリンチするシーンもあり。

        95-96

        96-94

        96-95

        の2-1の非常に際どいスプリット判定で藤本の判定勝ち。

        印象としては、単発パンチの石田に対して、藤本は接近戦でのボディーへの4連打ぐらいのコンビネーションがポイントになったんでしょうかね。
        ただ、パンチを出して、クリンチが目立ちました。

        うーん、あまりえらそうなこと言える立場じゃないのだけれども、ちょっと藤本、東洋太平洋タイトル狙いたいってこと言ってますが、このまま12ラウンド戦えると思えないです。

        1R、2Rは失礼ながら、スタミナ温存策でしょうし、試合の流れから見ても、決して石田ペースだったわけではなく、むしろ藤本もクリンチ戦法で藤本が作った流れで進んだ試合で、スタミナが持たなかった感じです。

        まあ練習環境などにもよっても大きく変わるのでしょうが、ちょっとクリンチが多すぎて消極的過ぎるとおもいます。

        | ボクシングその他 | 11:42 | comments(0) | - |
        八重樫東 復帰戦、スーパーフライ級2R KOだがちょっと相手が....
        0

          ■スーパーフライ級8回線

          八重樫東 vs ソンセーンレック・ポンスワンジム

          八重樫の1階級あげての再起戦という位置付けになるんでしょうか。

          八重樫はここまで25戦20勝(10KO)5敗。

          ソンセーンレックの戦績は、あれっ、なんで言わない...

          BoxRecで調べましたが、ああっ.....1勝(0KO)11敗とのこと。

          ちょっと、元世界チャンプの対戦相手としてはどうでしょうかね。

          まぁタイの選手なので、BoxRecに掲載されない試合をたくさんやってるでしょうけど。

          ■1R

          比較的両者の強めのパンチが交錯する序盤の展開。

          残り10秒。空振りの多い相手の左フックのあとの右ストレートにに合わせて、右のストレートをアゴヒット、一発でダウンを取ります。相手が立ち上がったところでラウンド終了。

          ■2R

          若干手数の減ったソンセーンレック、八重樫はやはり右狙ってる感じ。

          残り1分前に出る相手に右ストレートから、左ジャブからの右ストレートで派手に倒してKO勝ち。

          さすがに、相手の戦績が低すぎるので、ちょっとコメントのしようがないです。

          | ボクシングその他 | 14:06 | comments(0) | - |
          2015/5/1 村田諒太7戦目は世界ランカー相手に5R KO勝利
          0

            ■ミドル級10回戦

            村田諒太 vs ダグラス・ダミアオ・アタイデ

            WBCランキング7位まで上がった村田の相手は、24歳、ブラジルから来たWBC15位の選手。

            ここまでの戦績も15戦13勝(6KO)1敗1分とりっぱな戦績。

            一方の村田はここまで6戦6勝(4KO)ですが、4連続KOのあと、2試合連続の判定。

            まぁ試合内容を考慮すればまぁ十分だと思いますが、10戦目辺りに世界戦をって感じだと、ランカー相手ながらきれいに勝ちたい試合ですね。

            ■1RO

            ガードを固めながらも比較的細かくジャブを出す相手に対して、村田はガードを固めてプレッシャーをかける序盤。

            1分過ぎ、村田の右ストレートがヒット。

            アタイデはアッパーカットを狙ってる感じ。数発打ちますが当たらず。

            村田はジャブも当たりますが、やはり生命線の左ボディーを意識して打ってる感じ。

            ■2R

            村田はいつもどおりの固いガード。アタイテはそのガードの上から手数を出して、空いたところにパンチを入れてくる、危険なパンチは無いが、さすがにコンビで数発打てばガードが空くのでそこに軽いパンチ1〜2発入りますね。

            村田はジャブ&上下の打ち分け。

            手数はアタイテ、クリーンヒットは、互角って感じかな。

            ■3R

            村田のボディー攻撃の意識があるためか、左ジャブ当たりますね、結構当たります。

            若干膠着した状況を嫌ったか、村田がちょっと力んだ右を打ちます。

            この展開あんまり良くないかも。

            村田の左ジャブは相変わらず当たりますが、パターンを覚えた感じのアタイテが強めのパンチをガードの上から打ってくるようになりました。

            手数はアタイデが圧倒的。くっついてくるアタイデのさばきに苦労してる感じの村田。

            ■4R

            圧倒的な手数で前に出るアタイデに村田が下がるシーンが序盤見られますが、そのアタイデのパンチもだんだん雑になったか、中盤以降はパンチの合間に村田のパンチも単発ながらも結構いいのが数発入ります。

            ■5R

            村田の執拗な左ジャブからの右ボディーストレート、その次のワンツーが低くなったアタイデのガードをかわして、アゴを捕らえ、アタイデはこのラウンド開始18秒で脆くもダウン。

            焦って起きようとして、一度ひっくり返ったあと、頑張って立ち上がるアタイデ。

            アメリカだとここで終わりだけど...まぁ試合続行。

            試合続行するも、村田のラッシュ、右5発目がアゴに入りアタイデがダウンするとレフェリーが試合ストップ。

            5R 36秒でのKO勝。

            前に出ながら、下がりながらと、圧倒的に手数を出す相手にだいぶ手こずった印象がありますが、5Rだけ見れば、非常にきれいに倒してますね。

            クリンチワークも比較的たくましく対応してますし、4Rまでも終始ガードの上からでも、左の強いボディブローは相手に意識させつつ左ジャブは当てる。

            固いガードで、単発やワンツーはブロックしてますが、ちょっとカードの上から打たれすぎてる印象はありました。

            | ボクシングその他 | 13:20 | comments(0) | - |
            << | 2/59PAGES | >>