CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 亀田大毅世界ランカーとガチンコの殴り合いを制す | main | 強い!秋山優勝...弱い!金子賢惨敗。K-1Heros >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    武蔵初戦敗退!チェ・ホンマンも前に出れず...K-1Wグランプリ2006
    0
      K1ワールドグランプリ2006開幕戦
      武蔵がまさか初戦敗退。チェ・ホンマンも消極的なファイトで敗退。
      良かったのは、ヒザが復活のレミー・ボンヤスキー、左ジャブ?ストレートで相手を叩きのめしたセームシュルト。
      グラウベ・フェイトーザは、パンチ、蹴り共に存分に出しながらもツメの甘さを露呈。ホースとはちょっと心配、
      ショックだったのは、私の大好きはレイ・セフォーも初戦敗退。好調に見えただけに残念....

      初戦を見た限りでは、決勝ではセーム・シュルトがやはり大本命でしょうか。
      これをグラウベ、レミーあたりが対抗。
      ホースト、バンナがんばれ!



      ■ホースト vs 藤本

      藤本が序盤から迫力のある攻め。ホースとは動きが鈍いがパンチは思いっきり打っています。どちらも当てた方が勝ちみたいな。ホースとは左ボディーブローを狙っている様な感じ。でも鈍いなぁ。
      藤本のローは少し効いてるのかな。3Rはダウンではないもののころころ転びまくってます。解説もローが効いているとの話。その直後にローキックでダウン。そのままカウントアウト。ホーストのKO勝ち。
      しかし、あまり強いという感じはありません。勝ち方、スピード&テクニックではなく、打撃力の勝負での打ち勝ちとなりました。この辺は体格で藤本に勝っていたための戦略かもしれませんが、本戦でこれでは優勝は難しいかと。


      ■レミー・ボンヤスキー vs ゲーリー・グッドリッジ
      ことしのレミーは少々不安。ゲーリーも相変わらずの打たれ弱さを見せつける試合多数。
      ゲーリーのボディーブローでロープまで追い込むシーンはありましたが、その後レミーのハイキックからフライングニー。もう一発フライングニーでダウン。その後も痛めつけられながらも右ボディーブローを何度も叩き込み少し盛り返しますが...
      3R序盤に再度右フライングニーがクリーンヒットその後のラッシュでだめ押しのかする様な右ハイキックも当て、レミーのKO勝ち。


      ■バダ・ハリ vs ルスラン・カラエフ
      このカードは面白いと思いましたが....
      バダハリが序盤から吐く量の有る攻めと的確なローブローを当てにいきますが、その後バダ・ハリがコーナー付近でバランスをくずしたところに構わずカラエフが連打、バダ・ハリがそのまましゃがんだところにカラエフの蹴り。クリーンヒットはしませんが、バダ・ハリは苦悶の表情でカウント9で立ち上がるもそのままカウントアウト。
      バダハリはその後納得いかずリング上で猛アピール。
      TVでは解説無くそのまま次の試合へ。

      ■武蔵 vs ハリッド“ディ・ファウスト”
      異論の有る方は多いかと思いますが、武蔵は判定が多いですが、その判定も公平に思えない試合が多く、正直あまり応援出来ないファイターです。コロコロかわるK-1ルールの中でも武蔵擁護的な判定になっている様に思えます。
      地元判定での勝ち上がりだけは止めて欲しいところ。
      ディ・ファウストのパンチがちょっといい感じで序盤から入ります。武蔵はローの連打を打つかと思いきや序盤は打たず。1R中盤からは打っていきますが、ちょっと手数が少ない感じ。
      2Rはディ・ファウストのいいパンチが何発か入りました。至近距離からのアッパーカットは上手いみたいです。
      また背中向ける武蔵。レフェリーが間に入りことなきをえました。その後終盤にハリッドの右アッパーの2連発で武蔵が腰を落としますが、際どくノーダウン。その後また背中を向ける武蔵。
      判定は2-1でハリッドの勝ち。
      武蔵の左ミドル等攻撃はそれなりに入っていましたが、3Rのバタバタした動きを魅せては武蔵の明らかな負け試合でしょう。

      ■グラウベ・フェイトーザ vs ポール・スロウィンスキー
      2Rからの中継でしたが、グラウベがこのラウンド圧倒。キッカーのイメージですが、パンチも強いんですよねこの人は。ただしツメが甘く、棒立ちになるスロウィンスキーを捕えきれません。
      判定は文句なしでグラウベですが、ツメをなんとかしないと...

      ■セーム・シュルト vs ビヨン・ブレギー
      今年のシュルトは強い相手との試合が多いですね。ブレギーが序盤飛ばしますが、1R半ばで軽く出した様に見えたシュルトの左カウンターがダブルでクリーンヒットだダウン。これでブレギーが完全に効いてしまい。その後左のジャブ(ストレート)で続けて2度ダウン。1RでシュルトのKO勝ち。

      ■ジェロム・レ・バンナ vs チェ・ホンマン
      バンナのパンチとローで倒せると思うが...
      1R思った以上の体格差に少し驚きました。バンナのローキックをチェがまともにもらっていますが、これを浴び続けるとさすがに耐えられないでしょう。1R終盤にチェの足下が少し落ち着かない感じ。チェの作戦で手を出してないみたいですが、ちょっとこれ以上蹴られては作戦どころではない感じ。
      2Rバンナも思いっきり懐に飛び込み打ち合います。際どくチェのヒザをかわしての打ち合い。終盤にチェのヒザがヒット。
      3R終盤バンナの動きがばったりと落ちますが、両者決定的な打撃無く終了。
      バンナ有利かと思いましたが1-0の判定で延長。
      延長はチェに分がありそうに思えましたが、チェはローが効いているのか前にでれません。バンナは右のローキックを最後になって多用。これが判定に影響を与えると思いますが....
      延長は3-0でバンナ。お見事!
      | K-1 | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 06:02 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/99
        トラックバック