CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 川嶋勝重、いかにも川嶋らしいボクシングも判定負け引退へ | main | 武蔵初戦敗退!チェ・ホンマンも前に出れず...K-1Wグランプリ2006 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    亀田大毅世界ランカーとガチンコの殴り合いを制す
    0
      亀田大毅 vs バレリオ・サンチェス

      本音でいえば、すごい八百長見せられると思っていたので少々びっくりしました。
      ともに反則まがいのパンチまで打ち合うガチンコの殴り合い。経験とテクニックでは見劣りする大毅もパンチ力と体の強さ、精神力だけで互角に8R打ち合い、日本人ジャッジの判定ながら2-0の判定勝ち。
      当ブログは、はっきり言えばアンチ亀田ですが、まぁこの試合は評価できると思います。
      課題も多いながらも得たものも大きな試合になったと思います。


      1Rサンチェスは左ボディーを何発も叩き込む一方でアッパーカットで亀田のあごを跳ね上げます。亀田は左フックのみ。
      2Rサンチェスがちょっと力を抜いた感じ、大毅の左ボディーブローが結構入ります。終盤の左ダブルはいいパンチでしたが、相変わらず左のフック系とボディー以外はあたりませんね。ただし、パンチ力は十分ですが。
      3Rこのラウンドはサンチェスのボディーで大毅の手数が減ります。大毅は手数が減りながらも左ダブルを打ち込む等いいところも見せますが、サンチェスがコントロールした感じ。解説とアナウンサーは大毅を絶賛するんだけど、大毅は鼻血...
      4R大毅のホールディングでのパンチにサンチェスがエキサイト。同じ反則で返すあたりは面白いですね。このラウンドは終盤でサンチェスの動きががっくりと落ちます。
      5Rサンチェスが序盤はポイントを狙うような軽いパンチを打ってきます。大毅のあられパンチはあまり効きそうもありません。6連打よりも3連打くらいのコンビの方がよいと思いますが....サンチェスの右フックでちょっと大毅の動きが落ちます。鼻血の影響もあるか?
      6R結構いい感じの殴り合い。大毅が右目の上をカット。鼻血も止まらない。
      7R序盤は全くあたらなかった大毅の右が試合が進むにつれてだんだんあたるようになってきているのが面白いです。やはり強い相手と戦うことによる経験値は大きいでしょう。サンチェスはあまり亀田の傷を狙いません。終盤に大毅の動きがばったりと落ちます。
      8Rサンチェスのフットワークを使ってパンチを飛ばします。大毅の傷がちょっと開くようなパンチか?
      これまでと同様にサンチェスは手数、大毅はパワーという感じ。

      両者ともにスタミナに疑問のある組み合わせでしたが、最後まで倒すためのパンチを打ち続けました。

      判定は
      77-77
      77-76
      77-76
      の2-0で大毅の勝利。三人とも日本人ジャッジのノンタイトル戦ということを考えると公平な部類に入るかと。亀田陣営は「辛い」といってたようですが、まぁいってることがわからんでもないです。
      大毅も動きが止まったラウンドがあり、逆にサンチェスの動きが止まったラウンドが2ラウンドずつくらいあり、あとは大毅の左フックでサンチェスがぐらつくシーンとサンチェスの手数の判定でしたが、まぁこんなものでしょう。

      この試合で大毅が得たものは大きいでしょう。
      単発のパンチではやはり上位ランカーはなかなか倒れません。サンチェスのスイッチなどの変則的な動きには対応できてませんでしたしアッパーカットはだいぶ喰ってました。序盤は左しかあたらずどうなるかと思いましたが、途中から右もあたるようになってきたのは大きかったと思います。
      「あられパンチは」前から思っていますが、打たない方がよいと思います。1-2のコンビネーションのバリエーション増やした方がよいと思います。せっかく強い左のダブル打てるんだから、ガードなしの軽い左右フックの連打なんか打たない方がよい。
      左ボディーを耐えきったのは大きいですね。中盤でサンチェスが右ボディーに攻めを切り替えたときも全く効いた感じがしませんでしたので、ボディーは結構鍛えてますね。

      ...と思いました。

      マナーは相変わらずアレですが、このレベルの相手とこのレベルの試合をするんならまだ、応援する余地はあります。
      | ボクシングその他 | 01:22 | comments(2) | trackbacks(4) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 01:22 | - | - |
        コメント
        6戦目見ました。見ましたと言っても遅くに放送していたので、ビデオに撮って次の日のニュースで結果を聞きました。あんなに血を流して戦っていたなんて、信じられません。大毅の流血の試合は見たことがないので、結構ショックでした;;でも判定で勝ったことに意味があるのだと思いました。大毅はよく頑張ったし、課題も見つかったし良かったと思っています。八百長と言う人たちを許せません。勝手に言っとけと言いたいところですが、あまりにしつこく亀田親子にもボクシング関係全て、ファンにとってかなり邪魔な存在で、腹立つ存在です。
        私は言いたいです。アンチは試合会場に来るな。試合を見るな、と。
        | 三重ゆか♪ | 2006/09/28 10:22 PM |
        はじめまして。亀田さんのバッシング多いですよね。亀田大毅 vs タフミル戦もやらせなんでしょうかね。
        http://www.pandoratv.jp/10064/24131
        | ひかる | 2007/04/04 7:50 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/98
        トラックバック
        亀田大毅 罵声&乱闘 冷や汗判定勝ち
        お騒がせプロボクシング亀田3兄弟の次男・“浪速の弁慶”こと、大毅のプロ6戦目が後楽園ホールにて行われた。 対戦相手バレリオ・サンチェスとの試合は、判定(2−0)で、亀田大毅の勝ち。 だが、後味の悪い結末となった。
        | 流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場 | 2006/09/28 3:43 PM |
        亀田大毅戦の乱闘騒ぎ、父親含め事実関係確認へ
        プロボクシング、亀田3兄弟の二男、亀田大毅(17)(協栄)の27日の試合後、後楽園ホールの観客席で起きた乱闘を巡り、亀田の父親でトレーナーの史郎氏が、関係者に抱えられるようにリングサイドで制止される写真がスポーツ紙に掲載された。 これを受け、日本ボク
        | 芸能ニュースの館 | 2006/09/29 12:59 AM |
        亀田大毅 罵声&乱闘 冷や汗判定勝ち
        お騒がせプロボクシング亀田3兄弟の次男・“浪速の弁慶”こと、大毅のプロ6戦目が後楽園ホールにて行われた。 対戦相手バレリオ・サンチェスとの試合は、判定(2−0)で、亀田大毅の勝ち。 だが、後味の悪い結末となった。 WBA世界スーパーフライ級2
        | 瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ? | 2006/09/29 1:08 PM |
        black jack online
        a_Ya__a__a__a_Ta_ra_a,^a,_a_-a__a_S蕁~a_,a_-a__a_Ta_,
        | black jack online | 2006/12/12 4:08 AM |