CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 亀田の所属する協栄ジムの掲示板で前代未聞の反則技 | main | 亀田大毅世界ランカーとガチンコの殴り合いを制す >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    川嶋勝重、いかにも川嶋らしいボクシングも判定負け引退へ
    0
      2006/9/18
      WBCスーパーフライ級暫定王者戦
      川嶋勝重 vs クリスチャン・ミハレス

      世界経験のない若手相手で十分に勝機があるとおもいましたが、良くも悪くも「川嶋らしい」ボクシングで現役を終えました。

      川嶋の持ち味は強力な右ストレートと大橋会長直伝の左ボディーブロー、そして頑丈な体。
      一方、パンチ力があるが故に大振りになりがち、力んで打つので、スピードもなく、なかなか当たらないが、徳山クラスですら一撃で粉砕するパンチはいいところに一発あてれば良いというボクシング。

      この試合も大振りが目立ち空振りを連発しながらも、2R終盤に一撃の右でダウンを奪い、左ボディーブローもミハレスにダメージを与えた様に見えましたが、ミハレスの軽いパンチをことごとく浴び2Rに奪ったダウンのポイント以上にポイントを奪われ...
      当初はさほどダメージもなかった様に見えましたが、コンビネーションの中の3発目4発目でアゴを跳ね上げられる様なパンチを喰い、大振りでのスタミナ消耗も相まって、ミハレス同様に終盤はスピードががっくりと落ちてきました。終盤の迫力ある殴り合いは川嶋のパンチが当たれば...という局面でも当たらず。
      結局最後は2-1の判定負け。ジャッジの一人は最終ラウンド10-9でミハレスに付けてmしたがこれが逆だったら結果も逆になったという接戦でしたが、この試合内容では負けもいたしかたないでしょう。
      不運だったのは、川嶋の左ボディーがミハレスの背中の方にヒットしたことを割と早いタイミングでレフェリーから注意されて、ダメージを与えかけた様に見えたボディーが続かなかったこと。中盤にミハレスは顔面をディフェンスせずに右手をボディーにぴったり付けてガードしていたところなどは、ボディーが効いていた様に見えましたが。

      もうちょっとショートの左右フックが打てれば....とも思いましたがそれが川嶋のボクシングなのでしかたがないですね。
      スリリングなハードパンチャーのボクシングは見せてもらいました。
      お疲れさまでした。
      | ボクシング世界戦 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:25 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/97
        トラックバック