CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< ヒザ、ヒザ、ヒザ:シュルト優勝:K-1グランプリ2005決勝 | main | グラチャン女子日程終了1勝4敗で日本は最下位 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    【祝:優勝!】高橋尚子2年ぶり復活 東京国際女子マラソン
    0
      東京国際女子マラソン
      2005/11/20 12:00スタート!

      2年間沈黙の高橋尚子さんの復帰戦。
      6連勝後、7連勝できずに2位になっただけなのに、高橋尚子さんの運命は大きく狂ってしまいました。
      この2年間を2時間半で取り戻すためにスタートラインにつきます。

      野口さん、渋井さんに記録で抜かれても、高橋さんの人気は根強いものがあります。

      テーピングべったりの右ふくらはぎが心配させますが、緊張の序盤、無難に走りほっとします。

      10km時点では、トップグループで日本人ランナーは高橋さんだけとなりました。
      中間点ではトップグループは5人。
      22km付近でロシアの選手がおくれ、24km付近で韓国の李選手が遅れます。
      バルシュナイテさんは遅れかけながらついてきます。

      25kmでペースメーカーが外れ、止まった瞬間に高橋さんとぶつかり冷やっとします。
      直後にアレムさんがペースアップしたところでCM(ヲイヲイ...)。
      長ーーいCMが終わると、先頭グループ3名のまま。

      さぁ誰が抜け出すか。

      35km付近。高橋さん、アレムさん、バルシュナイテさんの3名でそのまま。
      一騎打ちに近い状態と思いながらも「上り坂が得意」というバルシュナイテさんが徐々に不気味な存在になってきます。

      35.7km高橋がスパート!
      アレムさんはついて来れず、ぐんぐん差を広げます。ヒヤヒヤしながら見てましたが、表情を厳しくしながらも、ペースは変わらずぐんぐん飛ばします。

      40km付近では33秒の差を付けて、あとはゴールするだけ。
      競技場は大観衆。最後のコーナーで右手を上げます。
      最後は両手を上げながらゴール。

      2位のバルシュナイテさんに35秒差をつけて、2時間24分39秒のタイムで優勝!

      2年間の闇から脱出したインタビューは少々重いながらも感動するものになりましたね。

      おめでとう!!

      | 女子マラソン | 14:45 | comments(1) | trackbacks(1) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:45 | - | - |
        コメント
         突然ですが、トラックバックのご挨拶です。
         勝手ではありますが、「高橋尚子選手」つながりで、TBを張らせて頂きたいと思います。お気に召さない場合は、たいへんお手数ですが、削除をお願いいたします。よろしければ、お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい。
        | 素町人@思案橋 | 2005/11/21 9:47 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/51
        トラックバック
        高橋尚子選手 東京国際マラソン優勝!!!
        夢は叶うおいらすっげー感動した(涙)Qちゃんマジで凄ぇ!!!涙ぐみながらゴールの瞬間見たぞ!!!おいらも高橋選手みたいに頑張りてぇ!!!すっげー夢と希望を貰ったぞ!!!同じ日本人でこんなに素晴らしい人がいるなんて、なんて誇り高いんだ皆続くぞ!この素晴
        | 天下一の億万長者になる!!!☆GOLD SITE☆ | 2005/11/20 3:25 PM |