CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 2日目は3階級すべて金メダル(レスリング女子世界選手権) | main | 本望負傷判定でV8(日本S・フェザー級タイトル) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    浜口京子は残念な銀メダル(レスリング世界選手権女子)
    0
      ハンガリーのブダペストで行われてるレスリングの世界選手権最終日は浜口京子さんが銀メダル。坂本さんは惜しくも敗退となりました。

      72kg級 浜口京子さん 銀メダル
      67kg級 坂本襟さん 敗退

      浜口さんはやや手こずりながらも危なげなく決勝進出。

      決勝進出では
      第一ピリオド取られます。
      第二ピリオド1-1ながら浜口が後からポイントを取ったのできわどく勝ち
      第三ピリオドは0-1で破れます。最後の方は全く攻めず意外な感じでしたが、どうも判定を勘違いしていたようです。お互いの技の掛け合いのような形でもつれて場外に出た際にレフェリーはいったん浜口さんにポイントを入れますが、その後ビデオ判定で、ポイントは相手のポイントになりましたが、その際に浜口さんは自分のポイントのままだと思って最後は、負けている(と浜口は思っている)相手が飛び込んで来た際にポイントを奪われないようにと思っているうちに時間終了となったようです。
      ビデオで見返しても最後の方は浜口さんは、完全に守ってますし、終わった瞬間に一瞬笑顔になりかけますが、歓喜する相手を見た後に、スコアに視線(?もしくはアニマル浜口さん)を投げた後に呆然とした表情に変わり足が動かなくなっており本当にそんな感じでしたね。
      アテネでもポイントが見えずにこんなやり取りありましたね。
      残念でした。

      67kg級 坂本襟さん
       この階級のみメダルを取れませんでした。
       破れた試合もピリオドは一つ取っていましたので、おしかったです。
      | レスリング | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:48 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/39
        トラックバック