CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 内柴、横澤共に銀メダル(世界柔道2005三日目) | main | 男子団体銀、女子団体銅(世界柔道2005最終日) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    新谷復活の金メダル(世界柔道2005 四日目)
    0
      世界柔道2005 四日目 2005.9.11

      金×1、銅×1

      ★ 女子無差別級 新谷翠
       大けがで三年間を棒に振った新谷さんの復活をかけた大会。
       いずれの試合も序盤にリードされてからしぶとく逆転が続き、つらい大会でしたが、なんとか金メダル獲得。左ヒザを痛めたようにも見え、心配でしたが、なんとか決勝の畳に立ちます。
       決勝でも序盤でがっちりと押さえ込まれますが、きわどく脱出。残り30秒ではポイントでリードしながら、前に出れず、反則で相手に逆転されるまさに寸前で返し技が決まり一本勝ち。
       体格では正直見劣りしますが、地力をかんじさせる試合でした。

      ★ 男子無差別級 高井洋平
       準々決勝で一本とられて負けましたが、敗者復活戦では豪快に勝ち上がり、最後の二試合は13秒、17秒で豪快な内またで一本勝ち。銅メダル獲得。
       体格のある選手の技はやはり豪快に決まりますね。

      ★ 女子48kg級 北田佳世
      応援してましたが、世界の壁は厚かったです。
       初戦は良い勝ち方でしたが、二戦目では組んだ状態で技が出ず、相手に翻弄される感じ。敗者復活初戦こそ背負い投げを決め、つづく試合もきわどく残り4秒で相手の反則ポイントで勝ち上がりますが、続く試合では、十分に組めず、返し技もことごとく決まらず逆に相手のポイントとなり、最後は背中をつき一本負けとなりました。

      ★ 男子60kg級 江種辰明
      腕ひしぎ逆十字、肩車というあまり日本人が使わない技で勝ち上がりますが、準々決勝では肩車をつぶされたあとに、ころっと転がされがっちり押さえ込まれて一本負け。
      敗者復活でも敗戦。
      | 柔道 | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 07:08 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/27
        トラックバック