CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 田中恒成 日本最速5戦目でWBOタイトル獲得(2015/5/30WBO世界ミニマム級王座決定戦) | main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    2015/6/8 内藤律樹 ノンタイトル戦で荒川に3-0の判定勝ち
    0

      2015/6/8 後楽園ホール

      ライト級10回戦

      内藤律樹 vs 荒川仁人

      現役のスーパーフェザー級の日本チャンピオンがライト級で戦うノンタイトル戦というちょっとややこしい試合。また一週間遅れでテレビで深夜に放送されてたので見ました。

      内藤はここまで12戦12勝(5KO)

      挑戦者は荒川仁人

      ここまで31戦25勝(16KO)5敗1分

      内藤はここまで試合自体は危なげないながらも、倒せそうで倒せない感じの試合がちょっと印象的ですが、今回はひとつ上の階級で、相手も一筋縄ではいかないでしょう。良いカードになりました。

      ■1R

      荒川のほうが1階級上ですが、体格的には違いは見えません。むしろ、内藤のほうがちょっとでかい感じがします。

      序盤、サウスポー同士の戦い、右の刺し合いです。

      内藤のほうがちょっと懐深い感じ、右も、ジャブ、フック、多彩です。

      荒川もジャブは返します。強めのジャブを内藤の正面からヒットして頭を弾くシーンはあります。

      荒川が飛び込んで左右のボディーを打つシーンあり。

      荒川も積極的ではありますが、ラウンド全般的には内藤のジャブが有効に見えました。

      ■2R

      内藤は左ストレート打つ気まんまんな感じ、当たればダウン取れそうな打ち下ろしの左ストレートを何発も見せます。

      1Rに続き、時折バッティングあり。

      ちょっと荒川の空振りと、内藤の右ジャブのクリーンヒットが目立ちます。

      荒川も時折右のジャブをカツーンって当てますが、単発、このラウンドはボディー・ブローも出ないです。

      残り30秒、内藤に右フックから左フックの返し、そして左アッパーカットのコンビネーションがヒット。見た目ほどダメージはなかった様子。

      明らかに内藤のラウンドですね。

      ■3R

      序盤は荒川が攻勢、内藤はクリンチで凌ぐ。

      荒川ちょっと大振りのパンチが目立ちます。当たりません。

      逆に内藤はアッパーカットがスムーズに出てくる、だいぶ動けてる感じ。

      そして、内藤のワンツー。

      荒川の左が当たらないというか届かない。

      逆に内藤は強い右のストレートをヒット。そして、このラウンド増えてるアッパーカットもヒット。

      荒川おもいっきり飛び込んで左ストレート、さすがにこれなら当たるけどリスク大きいなぁ。

      このラウンドも内藤でしょう。

      ■4R

      1分20秒、内藤の左アッパーカットがクリーンヒット。

      スローで見ると同時に頭も当たってる感じですが、まぁアッパーだけでも十分ダメージを与えるようなパンチ。

      動きが落ちる荒川のクリンチをほどきながらの内藤ですが、ちょっとパンチが大きく、空振りが目立ち倒せません。

      荒川は右目尻をカット(パンチ判定)。

      このへんが毎度内藤の試合で惜しいと思うところですね。

      ■5R

      さすが荒川、ちょっと体が流れる感じありですが、序盤は互角に撃ち合います。

      1分ごろ内藤の今度は右アッパーカットを被弾。

      ここからは内藤ペース、左ストレート数発。そして右アッパーカットを更にヒット。

      しかし、残り18秒スピードの無い大振りの左フックが内藤のテンプルにヒット。ダメージを与えるようなパンチには見えないが、荒川サイドからは「効いた!」の声が多数上がる。

      内藤は時計を見ながらクリンチ。

      ■6R

      荒川頑張って、被弾しながらも接近して細かいパンチを打ちます。

      内藤は打たせてんのかな。序盤は特に目立つ反撃なし。

      1分50秒内藤のアッパーカットがまたヒット。その後も単発の左アッパー、ストレートがヒット。

      ラスト数秒、荒川がラッシュ、うーん、さほど当たらず。

      手数は荒川、クリーンヒットは、内藤。

      ■7R

      荒川、このラウンドも前に出ます。内藤はフットワークを使って回避。そして捕まるとクリンチ、ちょっと内藤のクリンチ目立ちますね。

      残り30秒、内藤が強いパンチを何発か打ちますが。うーん、このラウンドは荒川の手数が有効かな。

      ■8R

      このラウンドも前に出る荒川に対して、このラウンドは内藤も迎撃モード、序盤荒川の前進力が勝ってた感じですが、中盤ごろから、時折見せる内藤のアッパーカットのヒットを機に、荒川の前進力が徐々に落ちてきた感じです。

      1分57秒、内藤の大振りの右フックの直前に荒川の左ストレートが内藤にヒット。

      内藤の動きが落ちて、また、露骨なクリンチ。

      内藤のパンチもがっくりとスピード落ちました。

      ショートの細かいパンチながらも荒川のヒットのほうが圧倒的に多い。

      残り11秒、するするっと自分からコーナーに詰まった内藤に荒川の左ストレートがヒット。

      内藤一発も打ち返さず、ゴング。

      うーん、効いてるのかな。休んでる感じとは違うように見えます。

      ■9R

      序盤咬み合わない感じの近い距離で荒川の主にボディーへのショート連打。

      しかしラウンド中盤ちょっと距離ができると内藤の左ストレートがヒット。

      このラウンドは内藤が最後まで頑張って応戦した印象です。

      ■10R

      さすがに両者最後のふんばり、だいぶ体が自由に動かない中でクリーンヒットは少ないながらも両者ずっと手を出します。気持ちの伝わってくるような最終ラウンドです。もう荒川は完全に力を使い切った感じですがそれでも手数出します。

      比較的安全運転モードの試合の多い印象がある内藤ですが、このラウンド大振りの左を振り回すなど、内藤らしからぬシーンも見られます。

      倒したいという気持ちも乗ってたんでしょうね。

      試合としては、やはり内藤のテクニックですね。

      終始右のジャブがヒット。

      アッパーカットが何発入ったらわからないくらいたくさん入り、荒川はこの対策ができる前にかなりダメージを重ねてしまいました。

      荒川は、最初は左アッパー。その後は右アッパーを大量にアゴに食らいました。

      そして、中間距離で左ストレート、接近戦では打ちおりすような左ストレートと下から打ち上げるアッパーカットなど多彩。

      劣勢な体制のときのクリンチは多かったですが、まぁこういうのもうえに上がった時には必要なテクニックでしょう。

      判定は

      97-94

      97-93

      98-92

      と3−0で内藤、ポイントとしては、誰も文句言わない内容でしょう。

      | ボクシングその他 | 16:18 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 16:18 | - | - |
        コメント
        コメントする