CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 19歳田中恒成、原からKO勝ち、4戦目で東洋タイトル級タイトルを獲得 | main | 細野悟 vs 福原力也 日本フェザー級タイトルマッチ(2015/3/5)の録画中継の感想 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    内藤律樹 僅差ながらも判定でV3
    0

      日本スーパフェザー級タイトルマッチ

      内藤律樹(E&Jカシアス) vs 伊藤雅雪(伴流)

      内藤の三度目の防衛戦の挑戦者はランキング1位、24歳の伊藤

      ここまでの戦績 内藤は11戦で11勝(5KO)

      伊藤は17戦16勝(7KO)1分

      と、共に立派な戦績

      ただ、内藤は失礼ながら見た目ほど、相手を倒しきれないという印象があります。

      伊藤は、ここ5戦で4KOということで、何か掴んだ感じがあります。

      ■1R

      テクニシャン同士の戦いらしく、距離を測り合ってる感じ。ときおり踏み込んで利き腕のパンチの距離を確認するような動きはあり、中盤からちょっと出入りは多かったですが、クリーンヒットは少ない。

      全体的には内藤の右ジャブがちょっと多かったかな?という印象。

      ゴング間際に伊藤が踏み込んで右を打ち込むシーンあり。

      ■2R

      内藤の手数が増えます。

      が、ちょっと無理するとやはり伊藤の右のカウンターが飛んでくる。

      中盤ちょっと、両者手数が減ります。

      2分ほどの時点で踏み込んだ伊藤の右ストレートがヒット。

      その少し後、今度は内藤の左ストレートがヒット。

      ■3R

      両者カウンター待ち合いになると思いきや、序盤から、両者手数が多い。特に伊藤は単にカウンターを待つだけではなく、積極的に右も打っていきます。ストレートだけではなく、ボディーやフックなど。

      この右フックは伊藤のボクシングスタイルからすると、ちょっと違和感ありますが。

      若干の伊藤ペースのラウンドでポイントを取るためか、内藤が残り1分を切ったところで攻勢に出ますが、伊藤も手数を出します。

      ■5R

      45秒内藤の左ストレートをかわし、下がる内藤に飛び込んでいった伊藤の右がキレイにヒット。

      挽回のために内藤の手数が俄然増えます。

      残り1分、内藤の左ストレートが伊藤のボディーにヒット。その直後伊藤が右ストレートの強打するが内藤がガード。

      途中採点は

      48-48

      48-47 内藤

      49-47 伊藤

      と完全に割れてます。

      ■6R

      30秒、伊藤の右カウンター、がいいタイミングで出たが、浅い。

      伊藤は右カウンターを放つ場面が多くなりますが、クリーンヒットはせず。

      逆に中盤内藤のカウンターがヒット。内藤の手数が増えますが、伊藤も打ちますね。いい試合です。

      終盤ちょっと伊藤、疲れたかな。

      ■7R

      内藤が攻勢、軽いパンチメインですが、ヒットが増えます。

      途中、内藤の左ボディに伊藤がカウンターで左フックを合わせるシーンもありましたが、特にダメージを与えるようなヒットでもない。

      終盤、内藤が右ダブルからの左ストレートをアゴにヒット、伊藤が腰を落とすシーンがありましたが、すぐにゴングで救われる。

      ■8R

      山になりそうなラウンド。

      内藤が攻勢、伊藤も若干スピードが落ちた感じがするが応戦。手数は内藤だが、クリーンヒットはあまり変わらない感じですが、まあだいぶ内藤ペースになってきたと言えます。

      ■9R

      1分すぎ内藤の左カウンターがヒット。

      その後も前に出る伊藤に時折左カウンターがヒットしますが、中盤からは、伊藤がいろいろな角度からの右ストレートなど惜しいパンチを多く繰り出してちょっと盛り返します。

      ■10R

      序盤両者がむしゃらに打ちますね。途中からは伊藤の繰り出す単発の右が何度か入り、内藤は時折カウンターをヒットする展開。両者いいパンチありましたが、まぁ倒すまでには至らず。

      判定は

      95-95

      96-95

      97-94

      と際どい判定で内藤の防衛ですが、後半の内藤ペースでポイントを稼いでる感じが見えたので、内藤の勝利で、文句なしという感じでした。

      両者手数の多い、いい試合だったと思います。

      内藤のいいところもありましたが、やっぱり何というか、失礼ですが「見た目ほど倒せない」という印象が相変わらずこの人の場合はありますね。

      伊藤もいいボクシングを見せたと思います。どんどん強い人と戦ってどんどん強くなってほしいと思います。

      | ボクシングその他 | 21:40 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:40 | - | - |
        コメント
        コメントする