CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 井岡一翔、宮崎亮共に世界前哨戦を難なくクリア | main | 内藤律樹、うーん、また判定でV2 日本Sフェザー級タイトルマッチ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    吉田、あわや、崖っぷちから逆転でアジア大会4連覇
    0

      アジア大会というちょっと微妙な大会と言っては失礼だが、さすがに日本で視聴率が十分に稼げそうな種目、女子レスリングは週末に持ってきましたね。

      そこで吉田が余裕の優勝と思いきや、あわや大惨事一歩手前まで吉田さんが追いつめられました。

      オリンピックで階級変更になりますが、アジア大会の階級はちょっと中途半端な48kg、55kg、63kg、75kg級の4階級での開催と、まぁ最も重いクラスのみ新五輪階級でその他は旧五輪階級での開催となりました。そのため、吉田沙保里さんは55kg級に出場、実質的には55kgにエントリーする最後の大会って感じになりました。

      ■55kg級 吉田沙保里

      スケジュール的には、2週間前の世界選手権で優勝してから、日程的にはだいぶタイト、体調的にも体重を増やすどころではなく、逆に減らしてしまうなど、体調はいまいちだった様ですが、それでも、当たり前のように登場してくる吉田さんは本当に凄いと思う。

      一回戦の相手は中国のショウ

      今年アジア選手権53kg優勝の選手という事で吉田と同じく、この大会用に階級挙げてきた組ですね。

      試合開始から、相手はくっついて吉田の腕を掴む、吉田が嫌がるって感じのスタート。

      距離内ので、タックルも出来ず、吉田やりづらそう。

      1分45秒ごろ、ちょっともつれるような感じだがキレイに足をすくわれて、倒されて4点取られるが、問題はその倒れ方、両肩がマットにつく状態で上に乗られる。体制としては最悪な感じ、体ねじったりブリッジして抵抗、結構長い間一方的に責め続けられフォール取られたと思ったが、きわどく逃げたところを1回まわされて1点相手に追加。やっと2分50秒でスタンド。

      いや、もう、大げさでもなんでもなく、ガチで負けたと思った。

      翌日のTVで、吉田本人もダメだと思ったと言ってたくらいのシーンでした。

      5-0で1ピリオド終了。

      2P

      いきなり吉田としてはめずらしい一本背負いで4点取り、1点差。ちょっと落ち着いたかと思いきや、その後、逆にまた2点、それからまわされて2点、取られて9-4また5点差。こんな吉田は初めて見る。

      吉田はちょっと腰が浮いてる感じ、ちょっとおかしい。

      2回ほどなんとか倒して、9-8、1点差まで追い上げる。

      1点差の時点で大きなタックルから4点、これでやっと逆転、残り40秒、飛び込んでくる相手にちょっとぐらついだが、逆に相手にバックに周り終了間際に2点加えて、12-9で勝利で、1回戦突破...

      うーん、きわどい。

      2回戦

      ベトナム選手相手にタックルから大きく持ち上げて落として4点、そのままフォール。38秒でクリア。

      だが、やっぱりちょっと腰高い感じするけど...

      準決勝

      インドの選手相手にちょっと強引に責め続けてTフォール勝ち。

      ルール改正で、まわしてる最中に乗られて相手にポイントが少し入ってますが、取られた訳でもないですね。

      決勝

      40秒でタックル、2点

      ただ、その後、守りにちょっと安定感が無いですね。いつものきわどいシーンでも1点たりとも渡さない吉田とはちょっと違いますね。

      珍しく場外に押し出されて1点失点。

      その後は責め続け、最後は深いタックルで4点とって12-1でTフォール勝ちで優勝。

      おそらく吉田として最後の55kg級での試合を、きわどく優勝で決めました。

      まぁ、このタイトなスケジュールということで、今後に向けては、あまり参考にはしなくても良いのかなとは思います。

      48kg級の登坂 絵莉さんは、世界選手権から2週間後の試合という事でちょっとコンディション的に銅どうかというスケジュールでしたが、見事優勝はしましたが、攻め込まれたときの弱さもあり、ちょっと、あわやという試合がありました。

      63kg級の 渡利璃穏さんも、世界選手権から2週間後組ではありましたが、こちらは悔しさ全開での出場。決勝まで勝ち上がりながらも、決勝では劣勢、このまま負けるかと思ったが、残り2秒での逆転勝ちで優勝。

      残る75kgは浜口京子さん。

      こういっては申し訳ないのだが、本当に本人がモチベーションを持って大会に出場してるのか???

      外野がこんなこというのは大変失礼なのだが、ちょっと疑問に思います。

      所詮は動きが悪く敗退。

      相手の決勝進出により3位決定戦進出。動きは悪くは無かったですが、踏み込みが足りず得点できない感じ。

      浜口有利のアクティビティタイムに逆に1点を取るなどがんばったのだが、終了間際ともにチャレンジ申請が成功するようなもうグチァグチャの展開。

      結果的に同点で終了、同じコンディションなら、最後に特典した浜口が勝ちなのだが、浜口がアクティビティタイムに特典したので、警告差があり、浜口の勝利にならず、メダルを逃します。

      この先はテレビで見た感覚でしかありませんが、浜口はこのルールが理解できていなかったように見えました。「何で?」って感じの表情。

      まぁ実際のところが分かりませんのでこれ以上のコメントは控えます。


       

      | レスリング | 22:55 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:55 | - | - |
        コメント
        コメントする