CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 八重樫はロマゴンと9R打ち合ってKO負け | main | 井岡一翔、宮崎亮共に世界前哨戦を難なくクリア >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    強い!吉田V15、伊調V12 レスリング世界選手権2014
    0
      JUGEMテーマ:スポーツ

      女子レスリング界のここ1年ほどの大きな動きとしては、次回の2016リオ五輪から女子レスリングが4階級→6階級に階級が増える一方で、吉田沙保里さんが金を撮り続けてる55kg級が無くなり、48、53、58、63、69、75kgの階級での開催となるため、階級が無くなった吉田さんが2kg減らした階級での試合になってます。

      伊調馨さんの63kg級は残ったのですが、なんと、伊調さんは5kg(!)減らして2階級下げて58kgに変更。

      基本的にはこの2人の状態を見ながら新しい選手に注目するって感じですね。

      現在吉田さんが31歳、伊調馨さん30歳、東京五輪は次世代の選手が出場する可能性が高いと思います。いや、吉田さんは続けるのかな....

      しかし、あまりにも吉田さん、伊調さんが無敵すぎて、次のポジションの選手ってのはだいぶ力の差があるので、世代交代.は、難しいんだろうなぁと思います。

      ■ 48kg級 登坂絵莉さん

      若手である程度実力が定着しつつあるのが48kg級の登坂絵莉さん、ただ、チャンピオンとなり、世界からマークされている中で、それを振りきって頭ひとつ抜け出すまではまだちょっと掛かりそうですが、タイミングとしては現在21歳。リオで世界の有名人ってのはタイミング的にはぴったりな感じです。

      この大会も、固い守備、果敢な攻撃で全試合大差での優勝。世界選手権2連覇。

      強いなって思いましたが、ただ、翌日、吉田さん、伊調さんの試合を見るとやはり登坂さんよりも断然守備力、攻撃力があるって感じはしました。

      ただ、まぁ実力と成果は鶏が先か卵が先かってのと同じで、実力が結果を呼び、結果が実力を上げる世界で、まだまだ伸びしろのある21歳。実力も安定しつつあり、若手ではダントツになりつつあります。

      69kg 土性沙羅さん

      準決勝で足に怪我をおってしまったようで、決勝戦動きが今ひとつ、銀メダルに終わりました。

      ■55kg級 浜田千穂さん

      次回以降の五輪から外れる55kg級という微妙な階級に出場した浜田千穂さんは全試合逆転勝利というちょっと慌ただしい展開で、決勝もちょっとラッキーな展開もありましたが、世界選手権初優勝。世界からマークされる選手になりました。五輪前には採用階級に変更してくるでしょうから、また、いつもの世界チャンピオン同士の日本代表争いという自体になりそうです。

      ■53kg級 吉田沙保里さん

      なんというか、伊調さんが2階級落として一つ上の階級に来たので、もう階級を上げるという選択肢は実質取れないので、2kg下げたこの階級で頑張るしかない状況ともいえますね。

      初戦は力強いブリッジで逃れようとする中国選手をゴリゴリに押しつぶし続けてフォール勝ち。強い。

      準々決勝ロシア選手と対戦、やはり問題にせず。Tフォール勝ち

      準決勝、カナダ選手と対戦。開始49秒、大きな両足タックルからフォール勝ち。強いわ。

      決勝 スウェーデンのマットソンとの戦い。1ピリオド終了で2-0とちょっと安全運転。2ピリオドでは消極的な注意から、不利なアクティビティタイム突入するが逆に4点をとる。まぁ強いわ。危なげなし。

      試合後に、準決勝49秒でフォール勝ちした際に左肩の肉離れがあったことが公表されました。そのため決勝は本来の動きができなかったようです。やはり選手生活が長くなっていく中で、故障を抱えながら戦うというケースは増えるんでしょうね。

      ■58kg級 伊調馨さん

      5kg下げは大きいですが。伊調さんの、固い守りと残り数秒で1ポイントを取って勝ち上がるという省エネっぽいスタイルならいけるのかなと思ってみてましたが、これが、完全に予想ハズレでした。

      もう、試合開始数秒後で、タックル。その後も攻め続ける、本当に同じ選手なのかと思うような試合運び、そして、若干体制が悪いところを攻めこまれても、それでも崩れない、相手に1ポイントすら与えずに、自分だけ攻める、とにかく強いとしか言えない。

      圧倒的な強さを見せて優勝。そしてその後のインタビューの自己採点が45点と相変わらずな感じです。

      やはり吉田さん、伊調さんは能力的にずば抜けてますね。とにかくポイントを取られない。攻撃力もまるで違います。あとはもうコンディションだけでしょうね。

      結果として、階級の主力選手が上手いこと階級がいい感じに上げ下げしてバラけた感じですね。

       

      吉田沙保里 強さのキセキ (Azusa books)

      新品価格
      ¥1,512から
      (2014/9/13 11:30時点)

       
      | レスリング | 11:31 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:31 | - | - |
        コメント
        コメントする