CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< ブラジルチームが決勝トーナメント進出してもブラジル経済はマイナスのままの怪。。。 | main | 井上尚弥初防衛戦は格下をフルボッコで11R KO勝ち >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    村田諒太5戦目はKO出来ず。
    0

      村田諒太 vs アドリアン・ルナ

      村田諒太の5戦目は17勝(11KO)2敗1分とりっぱな戦績の24歳のメキシカン。WBCミドル級も21位で、カリブ海ミドル級王座というよくわからんタイトルを3度防衛してるという、そろそろホンモノの強豪との試合になってきました。

      ちなみに村田はこの時点ではWBCミドル級12位。

      しかし、このモヒカン。弱そう...

      1R

      ルナは懐が深い感じ、構えはきちんとしてる。

      村田は構わずジャブから右ストレート、ただし接近するとルナも力強いパンチを返してくる。

      しかし、また、中間距離から村田の右ストレートが何発もヒット、まだ1Rだけどもう早そう。そしてガードを上げた相手に左のボディブロー。

      かなり一方的。

      とりあえず、軽いパンチで手数を見せるルナに対して、1分40秒に村田左ジャブから右ストレートがクリンヒット、如何にも効いた感じでコーナーに下がるルナにワンツーから左ボディーブローが更にヒット。

      その後は頑張って反撃するルナに対して、若干力んだ感じの村田。

      数発軽いパンチを当ててゴング

      2R

      プレッシャーをかける村田に対してルナは頑張って手数勝負、ただ、ボディと顔面への右フックなので、村田の左ジャブのほうが効果的感じ。村田もガードの開いたところに打ち込んだり、上手いことガードを開けて叩いたりしたが、まぁルナは頑張って手数を出し続けた感じですね。

      3R

      このラウンドもルナが手数頑張って出しますが、ちょっと手が止まると村田の右ストレート、左ボディーがヒットします。右は強いヒットは無いですが、惜しいのが数発。ちょっとルナが失速しかかってる雰囲気はあります。

      4R

      相変わらず、ルナが村田のプレッシャーに対して手数で勝負しますが、ちょっと体が流れるというか、捨て身のような感じでちょっと余裕のないパンチに見えます。

      そして58秒、村田の右ストレートがヒット。ロープに下がった相手に、再度村田の右ストレートがヒット。ちょっと、ルナの動きがおかしくなります、半端なガードでくっついてかわそうとしますが、何発か打たれて抱きついてそのまま崩れて、うまくスリップダウン扱いでちょっと時間もらいます。これはルナ、ちょっとラッキーですが、試合再開、いきなり村田の左ボディから右フック。そして右ストレートで、ルナがぐらつきます。

      ルナは完全にスローダウン。村田のパンチが何発かヒット。

      ルナは手数が減り、あまり上手くないクリンチで逃げようとします。

      ルナは頑張ってそれでもパンチ出しますが、明らかに力が無いです。

      ただ、ゲストの西岡は村田のクリーンヒットを上手くダメージを殺して受けるルナのテクニックを褒めますね。

      5R

      ルナちょっと手数減りますが、村田も試合を終わらせるようなパンチもあたりませんね。村田が右のちょっと大きめの軌道のフックを打ちます。何発か当たります。

      ちょっと村田の表情が疲れた感じに見えます。

      残り10秒、ルナがヘッドバット、不発。気持ちはわかるけどちょっとミエミエでした。

      6R

      このラウンドちょっと村田が序盤からパンチをまとめます。

      リングサイドからの話ではルナサイドは、村田は疲れてるという判断のようです。

      村田は力強い右を度々振ってきます。相手をロープに押し込んでパンチを打つ等、ちょっとこのラウンド村田の動きが違いますね。

      2分15秒右ストレートがヒットしますが、解説の西岡さんは即座に、威力を殺されてるとのこと。

      7R

      30秒珍しく村田の右アッパーカットがヒット。右ストレートから左ボディをヒットするがちょっと低い。村田のローブローがちょと目立ちますね。レフェリーが流してくれるからいいけど、レフェリーの裁定によっては試合に影響が出るのでちょっと注意して欲しい。

      ちょっとルナが元気になってきましたね。

      8R

      村田はプロ入り2度めの第八ラウンド。

      村田はジャブ増やしましたね。

      1分30秒、村田は右ストレート2発、そして左フックがヒット。そしてルナも迎撃。1分54秒村田の単発の右がヒット。

      ルナはがんばって手数を出すが村田のパンチが優勢。

      2分43秒村田の右からの返しの左フックがクリーンヒット。

      9R

      村田初の9R。

      うーん、ルナの頑張りを打ち破れないままここまで来た感じ。

      30秒。村田は左ボディ、一瞬動きが止まった相手に右ストレートから左アッパーをヒット、さらなる右ストレートは空振り。

      さすがみルナ手数減りますが、それでも頑張って右のボディフックなどを相変わらず振るってきます。

      1分過ぎ村田の速いフックが連続でヒット。

      2分ちょうど頃に村田が右フック、右ストレート。そして2分10秒村田の打ち下ろしの右ストレート、ルナは下を向き、試合決まったかなッて感じでしたが、その後村田のコンビネーションが当たらず。

      村田コールの中、数発フック、アッパーをヒットさせますが仕留め切れずゴング

      10R

      来週ラウンド、村田は明らかに決めにいってる感じです。

      1分15秒、右ストレートを連続でヒット。さらに何発も右をヒットし、ルナが下がります。

      2分過ぎ、時計を見ながら戦うルナに、村田の左ボディーブローがクリーンヒット。その後も村田が攻めますが、結局判定。

      判定は当然ながら3-0で村田の勝利。


      序盤は面白いように右ストレート、左ボディブローがヒット、早いラウンドで終わると思いきや、中盤からは押しながらも膠着、そのまま判定になりました。

      スタミナはちょっと切れた感じでした。

      あとは、ローブローが多いので、レフェリーによってはこの戦い方では苦戦するでしょう。


       

      プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT

      新品価格
      ¥2,160から
      (2014/9/8 16:17時点)

      | ボクシングその他 | 23:13 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:13 | - | - |
        コメント
        コメントする