CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 内山強い!河野惜しい!(2010年9月20日ダブルタイトルマッチ) | main | 井岡一翔6戦目で日本タイトル獲得、年内に世界へ? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    シカゴマラソンをTVでみた
    0
       まぁ正直に言えば、日本からの参加ランナーは坂本直子さん、吉田香織さん町田祐子さんと優勝争いに絡めるランナーは参加せず、ということで、録画した番組を流しながら他のことやってましたが、レースはかなり白熱、23度の気温にもかかわらず記録も良かったです。

      男子は、終盤にサムエル・ワンジルさんがケベデさんを猛烈に追い上げ、残り1kmではまるでフツーの中距離競技のようなものすごい走りで抜きつ抜かれつ本当に手に汗握る感動する争いもついにケベデさんが力尽き。最後はワンジルさんポーズ付きで2時間6分24秒で優勝。
      終盤の優勝争いを見ているととてもとても日本勢がここに絡めるとは思えないとんでもないレベルに感じました。
      6位の選手までが2時間10分を切るレースでした。顔ぶれも7位まですべてケニアとエチオピア。
      日本勢は涌井圭介さんが174位の2時間41分42秒、太田貴之さんは棄権との結果。


      女子はロシアのショブホアさんが途中100m以上離された状態からこちらも終盤に強烈に追い上げて今季世界最高タイム&世界歴代10位の2時間20分25秒で2位に三分以上の差をつけての優勝。
      放送中にも言ってましたが、ここ数年2時間20分を切る選手が現れず、記録が停滞している中でロシアのショブホアさんがだいぶ存在感まして来ました。
      一方日本勢はあれだけ選手層が厚いと言われていた割にはこのレベルになるとちょっとタレント不足の状態が続いてますね。

      日本勢は8位に吉田かおりさんが自己ベストを1分以上更新の2時間29分45秒とこれは収穫。
      町田祐子さんは2時間33分21秒の14位。
      坂本直子さんは最後足を引きずってのゴール29位で2時間44分47秒。

      うーん。この不景気の中大変だとは思うけど、もっと若いランナーをこういうレースに出して経験積ませて欲しいと思います。
      | 女子マラソン | 12:58 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:58 | - | - |
        コメント
        コメントする