CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 吉田沙保里、渋い、強い、二連覇!【北京五輪:レスリング55kg】 | main | 女子マラソンは久々の惨敗【北京五輪】 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    全試合が激戦、伊調千春は二大会連続銀【北京五輪:レスリング48kg級】
    0
      JUGEMテーマ:北京五輪


      妹の63kg級代表の伊調馨とのダブルの金メダルを狙うアテネの銀メダリスト伊調千春が金を目指して登場。
      しかし、いきなり対戦表が最悪。初戦をきわどく勝ち上がり、二戦目は前回のアテネ金メダリストとの対戦で崖っぷちからの大逆転勝利、しかしこれで力を使い果たしたが、続く準決勝で格下の選手相手にこれまた、苦戦の末に決勝まで進出したが最後は、いいところなく、アテネに続いての銀メダル。

      延々と続く接戦を際どく勝ち上がる非常に厳しい内容ながらも結果として銀メダル。表彰台では笑顔もみえました。




      ■初戦 vs 黎 (中国)
      第一ピリオド0-0、そしてコイントスは黎がとり、押し出されて第一ピリオドを失う。

      第二ピリオド、相手を抱えて攻め込むがポイントを奪えず。残り1分を切り相手を崩すがバックにまわれず終了。今度はコイントスを伊調が取る。今度は大きく抱え上げて背中から落としてこれで並ぶ。

      第三ピリオド
      相手のタックルをかわして40秒にバックにまわり1ポイント。そのままアンクルホールドを狙うがこれは決まらず。残り30秒またタックルを潰して、残り16秒で再開。最後は息の上がる中国の選手をかわして勝ち上がり。
      しかし、きわどい...


      ■二戦目 vs メルレニ(ウクライナ)
      アテネの金メダリスト、アテネで伊調が破れた相手とここでぶつかる。
      第一ピリオド
      組み際メルレ二が崩しにかかるが伊調はつぶれない。一分10秒でスタンドで後ろにまわられる。いったん逃げるがその直後にバックを取られて一ポイントを失う。
      そのまま終了。また一ピリオドを失う。

      第二ピリオド
      開始30秒にバックを取られて一点を取られる。メルレ二のアンクルホールドはなんとか耐えて残り1分2秒で再開。
      残り20秒、激しく組み合う際にメルレニが伊調のアンクレットを掴み、一旦試合を止めて20秒残して再開。これが勝負を分けました。
      残り10秒までは負けペースでしたが、残り5秒ぐっと押し込み、そのまま押し出して3ピリオドにつないだと思った瞬間、そうはならず、相手を投げ飛ばしたままマットに叩きつけ残り1秒でそのままフォール。
      大逆転勝ち。

      ■準決勝 vs チャン(アメリカ)
      三戦目で初めて格下の相手との戦い。
      第一ピリオド開始早々、くずされますが、なんとかこらえます。一分半に相手を外に出して一ポイントリード。初めての先制点。そのまま第一ピリオドを奪う。

      第二ピリオド
      膠着したまま0-0で終了。コイントスはチャンが有利な状態でスタート。
      抱えて投げられて、このピリオドを失う。

      第三ピリオド
      50秒前くらいに投げられて一点を失うが1分20秒で押し出してポイントで並ぶ。そのまま終了で伊調は逆転勝ちで決勝進出。

      ■決勝 vs キャロル・ヒュン(カナダ)
      早々に片足タックルを喰らい、もつれながら場外に押し出されて1ポイントを奪われる。
      残りわずかで3点技を喰らい、残り10秒はなにもせずに流して終了。

      第二ピリオド
      20秒にバックを取られて1ポイントを奪われ、その直後アンクルホールドで1ポイントをさらに奪われる。残り1分半で二点差、ちょっと金メダルに黄色信号。
      スタンドの組合を続けどんどん時間が経過する。そのまま終了。
      二大会連続の銀メダルとなりました。

      | 北京五輪 | 23:52 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:52 | - | - |
        コメント
        コメントする