CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 亀田惨兄弟次男 大毅「ゴキブリ」に完敗 切腹へ(WBCフライ級) | main | 残り2戦、残り4枠、GPファイナル出場ポイントを考えた(女子フィギュア) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    いきなり崖っぷち村主4位発進(GPシリーズ2007中国大会)
    0
      アメリカ大会、カナダ大会と絶好調が続いている日本勢、この大会でも村主章枝さんの上位入賞が堅いとおもっていましたが、実力的には惨敗となってしまいました。

      ショートではなんと出場12人中の11位の大失敗、土壇場に強い選手ではありますが、トップとは16点以上離された時点でちょっともうファイナルがほとんど見えない状況に...
      フリーでもジャンプがいくつか抜けてしまい得点は92.37、上位を脅かすところまではやはり届きません。合計137.13で4位というのはむしろ強運と言えるでしょう。この点数ではアメリカ大会だと6位、カナダ大会だと9位に相当します。5位ならここでほぼ終わりですが、一応4位で11点なので、他に番狂わせが無ければ次の大会で優勝すれば合計24点でGPファイナルに出れそうですが...。しかし次のロシア大会ではまたもやキム・ヨナさんと一緒。その他中野友加里さんを超えなければいけません。っていやまさに土壇場...

      昨年までどうだったか記憶にありませんが、とにかく会場ガラガラのアメリカ大会、カナダ大会にはびっくりしました...
      アメリカ、カナダは人気の筈の女子フリーでもガラガラ、中国大会ではあまりTVに客席が写りませんでしたが、フリーは有力選手がいないこともありだいぶ空席はありそうでしたが、ペアなんかの大会ではだいぶ観客入るんだろうなぁ..

      アメリカ、カナダのガラガラの客席の要員になるのかもしれませんが、とにかくアジア勢+アジア系の米国勢が強すぎる感じはあります。
      アメリカ大会優勝のマイズナーさんを除けば、2位以上はすべてアジア系。

      その他中国大会の主な選手と結果
      ■キム・ヨナさん
      SPでコンビが失敗し、なんとも可愛らしいしかめっ面を見せますが、僅差の3位発進。
      フリーではピンク色の衣装。モノトーンのイメージがあるので、ちょっと意外。
      フリーの序盤の3-3のコンビが高くってキレイ、次ぎのジャンプも高い。
      恐いくらいの絶好調から後半に入った直後ジャンプが一つ抜けましたが、全く動じずに最後まで滑りきり、舌を出しながらのフィニッシュにはなりましたが、実質ここで優勝確定という感じの滑り。
      得点を待つキス&クライではさすが中国、子供が邪魔!遮るな!!とTVに向かって叫んでいるうちにでなんと122.25のパーソナルベスト。
      この時点までしぶとくトップを守った村主さんになんと42点以上の差。
      上位二名に激しくプレッシャーを与えてフィニッシュ。
      (残り2名の局面で)「残っている二人にはがんばって欲しい」のコメントはやはり大物。

      ■キャロライン・ジャン
      圧倒的ぱアドバンテージをもたらすパールスピンは凄いが、まだ体型的にも2-3年後の選手だと思ってましたが、終わってみれば連続表彰台。凄い。。
      トップ選手がみんなビールマンスピンで正直つまらないと思っていたところで、新技を引っさげてのシニア参加。
      スタミナ不足はしかたがありませんが、今後からだが大きくなるにつれてこの低く早い3回転のジャンプがどうなるか。
      ショート2位発進。ジュニア出身なのでスタミナ的にキツいと思われますが、序盤から飛ばしますが終盤に掛けて転倒が二つながらもフリーでは97点を超えて表彰台確定。最終的にも2位で終了。

      ■カロリーナ・コストナー
      トリノ惨敗後、怪我で休養と、ここ二年間いいことがなかったコストナーさん。
      最初のジャンプでバランスを崩したまま無理に次のジャンプを飛び転倒。キムさんの高得点が無ければ無理に飛ばなかったんでしょうが、この辺はプレッシャーでしょう。
      その後のジャンプも抜け、その次のジャンプも抜けここで負けは確定。
      その後コンビの二回目のジャンプでも転倒。バランスを崩すシーンもあり、フリーの技術展はなんと33点台。最終的には3位でフィニッシュ。
      | フィギュアスケート | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:51 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/129
        トラックバック