CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 新井田豊V6今度は明確な判定(WBAミニマム) | main | いきなり崖っぷち村主4位発進(GPシリーズ2007中国大会) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    亀田惨兄弟次男 大毅「ゴキブリ」に完敗 切腹へ(WBCフライ級)
    0
      WBCフライ級タイトルマッチ
      内藤大助(チャンピオン) vs 亀田大毅(14位!)

      体格の劣る弱い相手と戦い続けて実力未知数のままタイトルマッチを迎えた大毅だが、チャンピオンの内藤に反則技のオンパレードで挑んだが余裕の大差判定負け。「腹を切れ」コールを浴びて退場...

      亀田陣営の序盤の戦略面はさほど悪く無いと思いましたが、まるで手数が少なく単発パンチ以外は反則のオンパレードの酷い試合でした。
       チャンピオンの上下の打ち分けをかわすため、とにかくガチガチにガードを固めて体で押して消耗させる。
       あとは切れやすい内藤の右目の古傷がパンチで開くまでは頭をぶつけずに、パンチでカットしてから亀田家得意のヘッドバットを使う。
       大毅は右のパンチと左のショートフックを練習した様ですが、さすがに右は世界レベルにはほど遠く、左も単発。絶望的に貧弱に感じたのは、大毅があまりにコンビネーションが打てないところ。興毅の弟とは思えない。接近戦の連打は、右、右、右や左、左のように同じパンチを続けて打つ事しか出来ず、よくもこんなテクニックで世界戦を戦ったものです。あとはやはり、体格の小さい弱い相手としか戦っていないためもつれた展開では反則以外何も出来ませんでした。とにかくマナーが悪すぎる。投げる、なんどもなんども太ももを殴る、親指を目に突っ込む、頭を傷に押し付ける...
       太ももへのパンチは結構効いた感じで内藤の目の腫れもサミングによるものだと思います。
       反則負けにすべき試合だったと思います。



      亀田家に関して言えば、フライ級にチャンピオンが二人出た事などは、まぁ亀田と同じ階級に注目が集まったため、モチベーションとともに生活面でも若干のプラス効果があったと言えるかもしれない。
      いままでさんざん馬鹿にしてきたが、ボクシングに世間の注目を集める意味では亀田兄弟のプラス効果が大きいのは間違いない。


      以前はテリー伊藤が試合展開について語るとか、毎回へんてこなゲストになる亀田戦の中継だが、今回はまぁまともな赤井英和とやはりへんてこな熊田曜子。意味分からん。
      あとは同級のチャンピオンの坂田健史まぁTVに出て知名度を上げる効果はあるか..
      アナウンサーは毎度の安東弘樹アナと小林真耶アナ。

      赤井英和がいきなり「最高の選手同士の戦い」とか訳の分からないことを言ったと思ったらもっと凄かったのが熊田曜子!
      「内藤選手の挑戦を受ける」とか言っちゃった。逆だって。

      などと書きながらTVを見ていると、出たー!安東アナ。
      「男と男の壮絶なつばぜり合い」だって。「つばぜり合い」が壮絶っておもしろすぎる。

      今回採用のオープンスコアリングシステムについては、今までの亀田家の黒い判定を考慮すると内藤に有利と思えますが、むりくり大毅有利なポイントを4R終了後に出して内藤に無理をさせるという使い方も出来なくは無い。まぁ勘ぐり過ぎか。

      まぁ。はっきりいえる事は、大毅が負けても絶対に切腹しませんね。口ばっかりですから。

      鬼塚は「本当に面白い試合になる」とかコメント。
      佐藤修は「足を使うか打ち合うかノ」とか無難でどうでもいいコメント。こっちの方が鬼塚より頭がいい感じ。

      しかし会場は空席がいっぱい。ちょっとまずいんじゃないの???

      しかし、「日本人頂上決戦」って凄いコピーだなぁ。WBAの同級チャンピオンの坂田がゲストなのに失礼だろ?

      入場ではいつもお馴染みの、みぢかーい亀田トレイン
      しかしやはり50.8kgの弁慶は不味いだろ。ちっちゃすぎ。

      内藤の入場は、前回会場の失笑を買ったまたもや「ロマンチックが止まらない」。

      さぁ試合開始、しかし内藤のトランクスの「ウェブクルー」のロゴちょっとおかしいだろ。

      開始直前、亀田親父が騒ぐ。やはり不安を隠せない。

      1R 試合開始。亀田サイドの戦略が見えた気がします。亀田サイドはとにかくガードして前半の戦いは避けるというベタベタな戦法。あまり有利には見えませんが、勘ぐれば、内藤のバッティングについてクレームをつけていたので逆に自分からバッティングして内藤のせいにするという戦法に化けそうな気もします。大毅はガードを固めながらときおり右のストレート。後は練習した早い左フックを打ちますが,全体的にはガードを固めた大毅に対して内藤が打ち続けたラウンド。ガードを固めて押すだけの大毅に対して、内藤が上から体重をかけて潰しにかかりますが、大毅が露骨に今までの試合は味方だったレフェリーに助けを求める様に視線を送る場面があり、これが以外と効いている感じ。明確な内藤のラウンド。

      2R 大毅の動きは変わりませんが、やはり大毅が首を傾げるシーンもあり、内藤ペース。と思った所で今まで通り亀田劣勢の場面で必ず亀田を褒める解説陣が亀田を早くも褒め始めます。「初めても世界戦とは思えないほど冷静とか」、鬼塚も同様(笑)大毅は首かしげて全くクリーンヒットないのに。内藤は右のボディーブローを数発決めますがこれはあまり効かないか。内藤は左のボディーブローも徐々に決め内藤ペース。今までの亀田家の試合同様、解説陣の鬼塚、佐藤が大毅の動きを褒めれば褒めるほど亀田家のボクサーのピンチが広がりますが、今回の試合はもう2R半ばで解説陣が大毅を褒め続ける位の分かりやすい内藤ペース。大毅はまだレフェリーが見方だと勘違いして、一方的に自分に強力してくれると勘違いしてアピールする。ラウンド終盤にも一生懸命大毅がアピールする。自分ペースにならないと相手にせいにする。

      3R 相変わらず、ガードを固めるだけで何ら攻撃しない大毅。左ボディーを打ち込む内藤。数発クリーンヒット。ちょっと左ボディーはダメージを与えた感じ。大毅はまたもや首をひねるがこの癖をなんで親父が直さないのか?っていうか、強い相手と今までやってないのでどうしようもないか。
      解説陣は大毅が針の穴を狙う様なピンポイントでパンチを打ってくるとか言っているが、画面で首を傾げる大毅と解説が絶賛する大毅は別人か???っていままでの亀田家の試合同様だが、本当に鬼塚は毎回解説者生命をかけた必死の戦い。
      大毅は自分で頭から突っ込んだあとにクリンチをアピールするというファイト。余りに動きが鈍いため内藤の大振りのボディーブローが何発か入ります。
      大毅の左フックで内藤の目尻が切れます。解説席が大きくわき上がります。

      4R 右目尻が切れた内藤は焦りがちょっと見えますね。明らかに手数が今までより増えます。が大毅がこの状況をいかせるか?内藤が出入りを止めてくっつくシーンが多くなるため大毅のショートパンチが数発入ります。このラウンドは大毅の突進を内藤が止めきれない感じ。

      4Rの再等は3-0で内藤内訳は
      39-37、39-37、40-36。4Rは大毅が優勢にも見えましたが、内藤に取るジャッジがいるとはちょっと亀田陣営としては今までの外人相手のインチキ試合との違いを感じるか。もしくはまたまたうがった考えで行くと内藤を油断させる協栄ジムの戦略か。

      5R なんといっても終盤に内藤のパンチが連続でクリーンヒット。

      6R大毅の攻撃の意図が分かりませんが,解説の鬼塚さんは一発狙っているとか嘘をつきますが、大毅はなんにも出来ていないラウンド。

      7R このラウンドは大毅な右のパンチを多用。初めての亀田ラウンドか。

      8R ゴングと同時に大毅が頭突きをねらって突進。解説陣が『絶賛』するほど大毅の攻撃が中途半端。
      この時点の中間採点も3-0で内藤。 
      78-74、79-73、79-73と以後の4R全てを大毅が取っても内藤の勝ちという大きなポイント差。

      9R 一分過ぎ、大毅が内藤を首投げ、そしてガッツポーズ。やっぱりこいつは根性が腐ってる。
      その後は内藤のパンチのクリーンヒットが続くと今度は内藤をヘッドロックしたまま内藤を倒そうとロープ際で体重をかける。レフェリーの介入時に内藤が大毅の後頭部を小突くというか、こするが、この行為で内藤が一点減点。大毅の反則の方が酷いが報復合戦になると試合にならないためまぁ不運な減点となりました。
      このラウンドは、内藤の太ももを一生懸命大毅が殴り、内藤が顔をしかめるシーンがなんどかありました。

      10R 開始早々から、大毅が内藤の太ももに狙いを定めてパンチを集めます。もう反則しか出来ないのか。大毅はさらに内藤の頭にグローブをぐりぐり押し付けたり、あとはフロントから内藤の首に手をかけて引きずり倒したり、どんどんボクシングの枠を外れていきますが、解説はリングでの大毅の反則には触れず、逆に内藤を口激、逃げている、レフェリーのアピールが多いとか言っている。

      11R このラウンドは兄の興毅を見習って、露骨なバッティング戦法に大毅が切り替えます。で頭を抱えられると今度はまた内藤の太ももをパンチで連打。内藤はロングレンジからの思い切った左ボディーブローなど意外と器用にパンチを当てます。続けてボディーを打たれると大毅のガードが下がります。ガードが下がれば内藤がアッパーカットなどを交えて上手いこと上下打ち分けます。対する大毅はまたもや内藤をサイドからヘッドロックして体重をかけてグラウンドに倒します。どう見ても救いようの無いシーンを見た安東アナが今度は「内藤が潰して時間を稼いでいる」とかもう異次元中継状態。
      亀田サイドからは「打ち込めー!」と意味の無い声が飛ぶ。
      大毅はまたもや内藤の頭をグローブで擦る。

      12R もうこのラウンドが圧巻。
      序盤から手数を出して攻める大毅だが、ロングレンジではまるで当たらず、中間距離で互角に打ち合あったあと接近戦で頭を押さえられると内藤をまた押し倒した(足をかけて倒した様にも見える)後に目の傷を狙ったかもしくはサミングを狙ったか一生懸命倒れた内藤の顔面にグローブを押し付けてぐりぐり擦ります。
      ここでレフェリーが大毅に一点減点。減点されているのに大毅はガッツポーズ。何を考えてる?
      再開直後に今度は内藤の足を抱えあげてリングに投げ落とします。この時点で反則負けが妥当に思えますが、レフェリーは二点の減点を与えて続行。
      その後さらに内藤を下手投げでリングに倒します。
      で、直後に両者もつれて倒れた際に、大毅は左手で内藤の頭をがっちり抱えて右グローブの親指で内藤の右目を攻撃。さすがに内藤がかなり怒っている。
      2分過ぎまたもや内藤の首をつかんで投げようとしますが、今回は決まらず。
      終盤内藤の右目の傷に頭をこすりつける。

      12R終了時点でもおう内藤の勝ちは確定といったところで、会場から「腹切れ」コール。

      結果は
      117-107
      117-107
      116-108
      の大差で内藤の圧勝。

      しかし、今後亀田はどうする??

      どうせ切腹しないでしょうが、いい訳が楽しみです。
      | ボクシング世界戦 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(2) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:48 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/128
        トラックバック
        亀田兄弟は結局ヒールか、それにしても内藤大助おめでとう
        昨夜のボクシングWBCフライ級タイトルマッチ、内藤大助よくやった、よく勝った。内藤大助、日本人最年長防衛おめでとう。しかし、あの挑戦者・亀田大毅のボクシング自体なんだったと思う人がけっこう多かったのではないでしょうか。12ラウンドの亀田大毅のわざとプ
        | ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす | 2007/10/12 1:59 PM |
        内藤vs亀田戦をズダ斬りだぜええ!!
        ボクシング内藤対亀田次男戦、速報!! その前にまずはクリックしてちょ↓↓ ランキング急上昇中〜 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は11日、東京・有
        | 競馬必勝法 『でもそんなの関係ねえ!!』 | 2007/10/12 3:58 PM |