CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 長谷川穂積 凡戦でタイトル防衛(WBCバンタム級) | main | イーグル京和大差判定で八重樫に勝利(WBCミニマム) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    パンチで倒せない亀田興毅 レフェリーの助けを借りてKO勝ち!
    0
      ノンタイトル戦
      亀田興毅 vs イルファン・オガー

      一流どころとの試合、そして階級をフライ級に上げてからまるでパンチが相手に通用しなくなった亀田興毅。

      まぁそれはそれで、興毅のマナーと反則攻撃を除けばそれなりの収穫はあったと思うが、一年間「亀田とセット」の筈のKOが無い事を陣営も気にしてか、人気の凋落を何が何でも食い止めたいために、またもや一階級下のボクサーを招集し、亀田がKOするためだけの試合の筈でした。

      なので、亀田も中途半端なプライドを捨てて、とにかく1Rで秒殺の結果だけ残せばいいのにカッコつけて、サングラスとネックレスを付けて300gアンダーで計量してしまい、肝心の試合でパワー不足を露呈してしまう。
      こういうところも亀田のダメなところ。
      しかしTBSも、アナウンサーはいいとしても、高橋ジョージ、熊田曜子、ますだおかだのおかだというチープなメンバーで一生懸命盛り上げてましたが、なんか爆発的にチープな感じ。
      あきべえの試合の後なんかは「攻めのゴルフですね」とか意味不明な発言もあり...

      で、興毅の試合に戻るか..
      子供の落書きのような竜を見た瞬間に思わず爆笑してしまったが...この話はまぁ省こうか...
      いつもの世界一短い亀田トレインなんか辞めればいいのに。
      マツケンサンバの振り付け師あたりに依頼して4人でカッコいいステップとか考えればいいのに。

      で、試合開始。

      試合開始から足を止めてパンチを打ち込みます。
      攻撃はさほどわるくありませんが、全体的には体格差を生かしてパワーで押し込んでパンチという、体格の小さい相手だけに通用するスタイル。
      「KOとセット」の筈の亀田興毅としては本当は1Rでスカッと倒したかったと思う...

      2Rぐらいから早くもイライラが高まって来た様で、早くも頭をガツガツぶつけていきます。

      ボディーにパンチを集めますが、亀田興毅の場合は、右と左の両方のパンチをうちますが、これはどちらに集中出来ればもっとダメージを与えられると思うが、この辺は単純にキャリア不足によるもので今後どんどん上手くなるとは思うが、この試合も右ボディーも左ボディーも両方効いた様に見えましたが、両方を攻める必要はないと思う。
      確かにテンプルにも顔面にもアゴにも右ボディーにも左ボディーにも強いパンチを当てるテクニックはあるのだが、倒すためにはどこか一カ所を打ち崩せば済む。
      途中でオガーがベタベタにボディーのガードを固めた際にもそれでもボディーを打ちにいきローブロー。まぁ今回はオガーと両者でローブローを打ち合っていたので、この支配は卑怯だとかそういうことは無いですが途中ではオガーの尻を打ちまくる様なシーンもあり、さすがにこれでは効果がない感じ。

      それでも普通の相手ならこのままボディーで倒せたと思いますが。。。。まぁ亀田興毅の弁護はあまりやりたく無いのだが、まぁ今日の相手は以外と強かった。
      まぁ具体的にどこが「強かった」かというと...
      (1)打たれ強かった
       あれだけボディーを打ち込まれると普通の選手だと、そのまま沈むか、ガードを下げてしまいアゴやテンプルを打たれて沈むのですが、このオガーはボディーを打ち込まれたときに迷わず右腕をボディーのガードに落として左腕で顔面の防御。あんまり計量級のボクサーはコレやらないんだけど。アゴの強さと思い切りのよさでしのいでしまいます。

      (2)亀田のローブローと頭突きに対応して頭とローブローを打ち返した。オガーの凄いところはローブローをガンガン打ち返し、頭を下げて亀田に押し付けるなど、やりかえした。途中の両者ローブロー打ち合いは凄かったというか酷かった。

      このアゴの強さ、ハートの強さでボコボコに打たれながらももうちょっとで逃げきり(まぁ判定負けだけど)というところまでは持ち込みました。

      5Rくらいからオガーの動きがだいぶ落ちてきながらも、8Rまで試合は続き、また判定かと思われたところでレフェリーが試合をとめおった.....
      亀田陣営がKOが欲しくてしょうがないのは分かるが、TV局もある程度加担するのは当然だが、それにしてもこの決着は酷い。

      6Rのダウンはロープの間に挟まって動きが止まったところを打った(押した)感じでダウンではないと思う。
      まぁ8Rの一度目のダウンも、あれだけオガーの足がもつれてたら、ダウンでも問題ないが、それでもこれで止めたら今後亀田の試合はKO率上がっちゃうでしょう...

      まぁKO勝ちのレコードが残ったところで、今後は体格の小さい相手との試合をやめて、せめて同じ階級のボクサーと戦って欲しいです。
      いつもの体格差を生かした収穫の少ないマッチメークでしたが、収穫としては、相手のローブローにいちいちアピールする事が無かった点は収穫ですね。
      まぁ一度ローブローを受けてアピールしょうとしたところを打ち込まれたシーンはありましたが。。。
      あとは6R終了後にオガーに挑発されて思いっきり挑発に乗ってしまったところはまだ若い感じ。これにのせられては世界の強豪との試合で大きな弱点になる。
      今後興毅よりも若いボクサーとの試合も出てくると思いますが、年下に挑発されるのはあまりにかっこわるい。



       
      | ボクシングその他 | 07:39 | comments(1) | trackbacks(6) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 07:39 | - | - |
        コメント
        視聴率約14%ですかぁ。

        このうち半分は、亀田が負けるのが

        見たいんじゃないの?(笑)
        | 亀蛸ウッキー | 2007/05/24 12:47 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/119
        トラックバック
        ダイエットする男の落とし穴 続き
        昨日はテレビで観戦できなかったのですが、2年5カ月ぶりの地元・大阪での試合で、興毅が消化不良の4試合ぶりのKO勝利を挙げたということで。またこういうことを書くと、「なんだお前は、馬鹿か」と言われそうですが、やっぱり強くないのでしょうね。だから、あんな
        | ダイエットする男のブログ。〜男のための痩身術 | 2007/05/24 12:11 PM |
        亀田興毅
        亀田興毅亀田 興毅(かめだ こうき、1986年11月17日 - )ボクシング家族としてマスコミの話題となったプロボクサー。大阪市西成区天下茶屋出身。2005年5月現在の階級はフライ級。最高位は日本ランキング10位。プロ戦績2005年6月現在7戦7勝(6KO)。た
        | みくの部屋 | 2007/05/25 11:21 AM |
        あきべぇが亀田家から脱北!!
        亀田一家に弟子入りしてたプロボクサー「牛若丸あきべぇ」が、目が覚めたのかは知らないけど亀田一家から卒業した。連続KO記録を目の前にしての”卒業”とはいかに???亀田の親父にとっては金のネタになる連続KOの選手をみすみす手放す訳が無い。まぁようはあきべぇが
        | 亀田3兄弟を本当に強いのか検証 | 2007/06/05 12:49 AM |
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2007/06/08 3:46 PM |
        大毅ならKOしてた???ハァ???
        負け犬の遠吠えにしか聞こえません。これでとりあえず世界戦を目指さない理由が出来てよかったんじゃないかな。 雑魚相手に金稼ぎに勤めてください。 まあどんどん客が集まらなくなるだろうけど...
        | 亀田八百長一家 | 2007/07/05 1:19 PM |
        MOVERIOモベリオ - ゴーグル型android端末スマートグラス シースルーモバイルビューアー
        EPSONモベリオ
        | こちらで販売中 | 2015/02/25 1:27 AM |