CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< 新井田豊2-1のきわどい判定で防衛(WBAミニマム級統一選) | main | 女子長距離界の新星!絹川愛に期待してみよう >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    またもや谷亮子の連勝を止めた福見友子!えらい!(女子柔道)
    0
      全日本選抜体重別選手権

      またもや2日遅れの記事になりましたが、掲載します。

      ■女子48kg級
      2年間のブランク明けの谷亮子がきちんと仕上げてくれば当然優勝。ここで優勝したらもう北京まで谷を遮る物は何も無いでしょう。
      さすがに二年間のブランクがあるので、ここは若手に存在感を示して欲しいところ。中村美里をはじめとして次々に有望な選手が登場しますが、続けてなかなか勝てないため、谷vs中村、谷vs山岸にならずに、相変わらず谷vs他って感じです。
      スタミナはやはり不安要素ですが、ブランクの前は怪我の連続でまともな体調で畳に上ってないのでひょっとすると怪我が癒えてさらに強くなるというシナリオも無くは無いとも一回戦を見たあたりでは思いました。


      ●谷亮子 vs 伊部尚子
      田村の出来が注目されますが、開始早々パワーで相手を崩して無理矢理の技ありでリード。
      その後伊部の思い切った技でちょっとだけ谷の腰が浮きますが、まったく危なげなし。その後有効を取った後、払い腰で綺麗な一本勝ち。

      一回戦は他の3試合も順当に勝ち上がり、谷包囲網は予定通り進行。

      ●谷亮子 vs 山岸絵美
      ポスト谷の一番手と言える山岸と準決勝でぶつかります。
      序盤谷の技をマトリックス張りのきわどい受けでかわした山岸ですが、その後はずっと組み手では谷優勢のシーンが多いながらも膠着。ポイントなしのままゴールデンスコアの延長。
      スタミナに不安の谷はちょっと不利か?
      延長では山岸が積極的にしかけます。この辺の積極性はすばらしい!
      残り18秒で解説の山口香さんが「すべったように」と口にした山岸の尻餅で効果の判定で谷が決勝進出。
      ここでのスタミナロスが決勝にどう影響するか?

      ■谷亮子 vs 福見友子
      残り一分すこしで福見が谷の両足を払い有効ポイントを取ります。
      俄然場内熱くなります。
      その後は寝技で時間を稼ぎ、最後の立ち技でも逃げ切ります。

      福見は前回谷(当時 田村亮子)を破ったときに少し注目されながらも、どちらかというと「勝たなきゃいいのに」位の非常に失礼な扱いをされ、結果として十分な物を残せず、どちらかというと、山岸、中村に次ぐ3番目くらいの位置づけでしたが、これで吹っ切れてくれると大変心強い。
      世界選手権の代表は何故か谷に奪われましたが、これは過去の実績がやはり(谷に比べれば)見劣りする点だったと思いますが、ここで勝たなければ、北京の代表は谷が当然という世論になってしまうのでここでは絶対に誰かが勝たなければいけないところで勝ったのは福見さんでした。
      世界選手権での谷さんの活躍次第では、世論が大きく谷さんに傾いてしまうでしょうが、やはり強豪ぞろいの日本人が揃った大会で優勝した選手を北京の代表にして頂きたい。
      日本で勝てない選手を世界の代表に出来ないのであれば、日本の柔道が間違っているということではないのか??

      今回の代表の選出については、谷の二年間のブランクを評価するためとしてまぁ理解するとしても、北京の代表については絶対にフェアな選出を期待する。
      | 柔道 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(1) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:17 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/112
        トラックバック
        亀田興毅・父ちゃんもう少ししっかりしたら大人なんだから
        亀田の父に文書で注意=レフェリーへの暴言で−JBC4月16日23時1分配信 時事通信 日本ボクシングコミッション(JBC)は16日、亀田興毅(協栄)の3月の試合で亀田の父・史郎氏がレフェリーに暴言を吐いたとして、史郎氏と協栄ジムの金平桂一郎会長に文書で注意した...
        | ブログアフィリエイト!!自由のブルース | 2007/04/17 10:35 PM |