CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< KOを狙わない亀田今度は完勝!(WBAライトフライ) | main | うーん。素直に喜べない坂田のタイトル奪取(WBAフライ級) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    番狂わせの連続ながらもシュルトだけは安泰か(K-1GP in 横浜)
    0
      ■K-1GP in 横浜

      チェ、武蔵、バンナとまさかの番狂わせが続いた大会でしたが、シュルトだけは揺るがず。K-1冬の時代になりそうに思えます。巨人が強くては面白く無い...

      ■チェ・ホンマン vs マイティ・モー
      巨人が強すぎて本当に最近のK-1はつまらないです。
      モーのパンチで倒れないかなぁ...
      1R強引に飛び込んで打つモーの右フックが何発かヒットし、ちょっとチェの動きが鈍ります。
      2R早々またもや強引に踏み込んだモーの全力右フックがアゴにクリーンヒット。一撃でチェがダウン。そのままカウント途中でKO。
      チェは初めて受けた強打でしょうね。
      今後パンチに自信のある選手はチェのアゴを狙ってくるでしょうが...なかなかこのレベルのパンチを持つ選手はいないか...

      ■野田貢 vs シリル・アビディ
      ちょっと最近精彩の無いアビディと新鋭の相撲ファイター。
      アビディは強い相手にも弱い相手にも善戦してしまうファイターですので、ちょっと野田にもチャンスはあります。
      2Rからの中継でしたが、アビディの動きにキレがありませんね。野田のパンチでスタンディングダウン。しかしその後のパンチの殴り合いは互角に打ち合いますがアビディ有利な展開になるかと思ったところでバッティングで野田の頭出血。その後は野田の馬鹿みたいな突進力を見せつけますが、アビディの攻撃の方が効果的か。最後は野田は押し込むだけになりました。
      3R序盤にドクターのチェック。復活後にアビディのクリンヒット連発。野田が倒れるかと思いましたが、中盤は互角に打ち合いますが終盤にはやっぱりアビディのクリーンヒットの連発。しかし野田のパワーと打たれず良さは半端ではありません。
      判定は野田がさっくりと勝ち。


      ■バダ・ハリ vs ルスラン・カラエフ
      前回の試合は倒れたバダ・ハリの顔面をカラエフが蹴り付けてKO。私は裁定に納得いきませんでした。
      バダ・ハリは華のある選手なのでがんばって欲しい。
      やっぱり、悪役はこのくらい悪でいて欲しいし、負けっぷりの派手さもすばらしいと思います。
      1R両者のスピードがものすごく早くですが、両者スピードのあるパンチを打ち合いますが、思いっきり打ったバダ・ハリの右ローキックで少し効いた感じ。カラエフの動きは鈍いです。ハリ優勢な感じです。
      2Rは面白い様にバダハリのパンチが当たります。鼻血を吹きながら打ち合うカラエフのパンチが終盤数発入りバダハリがダウン。ですが、再開直後のバダハリの一発目の右ストレートがクリーンヒット、カラエフがダウン。そのままKO負け。
      かなり派手な試合となりました。
      やっぱりバダ・ハリはカッコいい。相手に押し込まれたときでも打ちにかかる姿がすばらしい。
      解説の魔裟斗も中量級よりもスピードがあったと漏らしてましたが、本当にこの試合のスピードの凄かったこと。

      ■武蔵 vs 藤本祐介
      大きな差がつく展開ではないのですが、武蔵の動きに精彩がなく、若干藤本が有利な序盤。
      最後に藤本のワイルドなパンチで武蔵がぐらつきますが詰め切れずゴング。
      藤本有利と思えた判定も2人のジャッジが30-30で延長。
      そして角田さんがマイク持ち、手数とつかみが多いので、試合内容によっては勝者に与えられる筈のタイトル挑戦権を剥奪すると宣言。あいかわらず、このおじさんは美味しいところを持っていきます。
      延長ラウンドは、角田の言葉が効いたのか藤本攻勢ので進み、左ハイキックのクリーンヒットで武蔵が陥落。
      武蔵の不調は続きます。

      ■ジェロム・レ・バンナ vs 澤屋敷純一
      バンナの相手は明らかに役不足に思えました。
      1R澤屋敷は足を使って逃げるだけ...でしたが、バンナが前に出たところ、で右のカウンターでバンナがまさかのダウン。ダメージは無いみたいですが。
      2Rも澤屋敷が逃げる、バンナが追う展開。澤屋敷はほとんど手を出さない。
      3Rバンナ優勢な展開で進みましたが終盤に澤屋敷の左フックがまともにクリーンヒット。バンナがダウン。残り10秒。ここで勝負あり、再開後にゴング。判定はさすがに文句なしに澤屋敷。
      バンナも途中から全くキックがでなくなり、足をどうも痛めた様ではありましたが、ちょっとバンナのパンチ力が落ちた感じはありますね。
      澤屋敷は大きな金星。

      ■セーム・シュルト vs レイ・セフォー
      私の好きなファイターセフォーがシュルトに挑戦。
      申し訳ないが最近のつまらないK-1はやはりシュルトから来ていますので、なんとかして欲しいところ。
      終盤にセフォーのフックがヒットしてシュルトが初のダウン。
      2Rはシュルトが攻勢、序盤に左のさほど強く見えない左のストレートでしたが、たったこの一発でセフォーがダウン。カウントを進めずに即KO。
      体重をのせて押す様に打ち出した左ストレートだけで、あの打たれ強いセフォーが一撃でKOされたのはショックでした。同時に、当分つまらないK-1が続きそうです。
      ただし、この試合のシュルトの動きについては、なんら批判すべき部分がありません。

      | K-1 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(2) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:40 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/105
        トラックバック
        ほんまに最後?
        辰吉“最後の勝負手”単身タイへ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000018-dal-fight もう36歳なんですね。 亀田兄弟と比べると、彼には圧倒的な才能と、どこか憎めない愛嬌 がありますよね。 ちょっと引き際を間違えたような気はします
        | 裏ニュース速報24時 | 2007/03/14 11:39 PM |
        HIROYAプロデビュー戦…魔裟斗から後継者指名
               4日のK−1ワールドMAX〜世界最終選抜(横浜アリーナ)の出場選手の計量が3日、都内で行われた。K−1でのプロデビュー戦に臨む15歳戦士HIROYA(本名・河部弘也)が、03年MAX世界王者・魔裟斗(28)から後継者に指名さ...
        | サンケイスポーツ情報 | 2007/04/04 12:41 PM |