CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
<< シンクロ好発進!(世界水泳モントリオール'05) | main | ゲーリー・グッドリッジ優勝(K-1 ハワイ) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    なでしこジャパン逆転勝ち(親善試合オーストラリア戦)
    0
      なでしこジャパン逆転勝ち(親善試合オートトラリア戦)

      2005/7/23 国際親善試合
      なでしこジャパン 4-2 オーストラリア代表

      TV中継していたので見ました。
      メンバー的には、昨年とだいぶ変えてきました、ディフェンスの高さを重視したためか、川上さんが外れていたのは意外でしたが、若い新戦力、中でも永沢さんが2ゴール、1アシストの大活躍。これは4試合連続ゴールというタイ記録だそうです。
      まだ、高校生といいますから、今後の活躍が期待されます。

      試合も、序盤に磯崎さんのミスからボールを奪われ先制された後、PKを与え2-0からの4連続得点と、攻撃力を見せつけた形。

      真っ黒で真っすぐなトレードマークの髪型をチェンジした酒井さんが、相変わらず守備の要として読みの良いデフェンスに加えて、攻撃にも参加、1ゴールを上げました。

      昨年オリンピックでは今ひとつ結果を残せなかった大谷さんもゴールはなりませんでしたが、ゴール前で相手をかわしてシュート(惜しくも外れ)を打つなど、攻撃力は相変わらず。

      キーバーの福元さんは思いっきりの良い飛び出しでチームを救うプレーもありましたが、その後は迷いのプレーがいくつか続きました。

      地震の影響で丸山さんのプレーは見れず、また荒川さんは負傷で今大会欠場とのことですが、この試合を見る限り攻撃力はある程度計算できると思います。

      オートとラリアは体は大きかったですが、スピードや強いあたりはさほど見えず、今後、新しい監督のもと、当たりの強いチーム、スピードのあるチームとの対戦でどこまで出来るか、アウェー(韓国)の東アジア大会に注目したいです。

      昨年のオリンピックでは怪我を押しての出場で動きが今ひとつだった沢さんも、今期は好調。
      是非男女で好成績を!
      | なでしこジャパン | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:23 | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://spo.jugem.jp/trackback/10
        トラックバック