CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
          
a8-re
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    グラチャン女子日程終了1勝4敗で日本は最下位
    0

      日本 vs アメリカ

      アメリカは強いチームですが、中国よりはやりやすい感じがあります。
      地元の大会なので勝っておきたいところ。

      解説の松平さん喋らせておくと面白いですね。
      木村さんのジャンプ力については、確かに課題ですね。
      最大到達点が意外と低いのです。
      将来のセッターを木村さんってのは確かに、センス、高さ、攻撃力を備えていますので素質的には適任です。集中力が続けば..


      第一セット
      メンバーは昨日と同じね。

      いままで温存(?)気味の大友さんも使って、序盤日本がリード。
      7-4から、10-9とつめられたところから怒濤の5連続ポイント!
      18-12と差をつけますが、アメリカも追い上げ21-21とついにおいつかれます。そのまま23-23から日本ポイントでセットポイント。
      何度もセットポイントを取りながら26-28でセットを取られます。
      惜しい!

      第二セット
      必死に追いかけますが23-25で取られます。

      第三セット
      このセットは差を付けられましたね....
      桜井さんが本日は不調ですね。

      結局大会を終わり、セット率で最下位となってしまいました。

      もうちょっともりあげたかったなぁ...
      | 女子バレーボール | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
      中国から1セット奪うも力及ばず:グラチャン2005女子バレー
      0
        ワールドグランドチャンピオンズカップ2005
        女子 4日目

        日本 VS 中国

        宝来さんがスタメンで大友さんがライト、大山さんがスタメン落ち。

        第一セットは、ムカつくくらいにサーブをがんがん打ち込まれ、ずるずると力負け。

        第二セット序盤4-3の時に長ーいラリーは何度もチャンスがありましたが及び腰で相手に取られて、ずるずると中国に流れがいくと思いきや、中国にミス連発で7-4と差がついてもやっぱり追いつかれ、終盤にでまた中国にミス連発で20-17差をつけてもやっぱり20-20と追いつかれ。ここで抜かれると思いきやがんばって抜け出して、25-21で2セットは日本が取りました。
        菅山さん、宝来さんが活躍!

        第三セットは一方的に中国。

        第四セット中盤6-10とはなされかけますが、桜井さんの好レシーブ連発で13-12と逆転しますが、その後はずるすると離されて中国。

        1-3で日本は負けで、1勝3敗。

        ネット際のプレーはもっと堂々と打ち込んで欲しかったです。

        さぁ最終戦のアメリカ戦では、何を見せてくれるのか!

        | 女子バレーボール | 12:25 | comments(0) | trackbacks(3) |
        女子バレー、力は見せたが中国には及ばず(2005ワールドグランプリ)
        0
          女子バレー2005ワールドグランプリ

          最終戦 vs中国
          第一セット 25-23
          第二セット 25-22
          第三セット 25-23

          と3-0ながらも健闘は見せました。

          中国はミスが多いながらも、早いコンビと信じられないような好レシーブ連発でセットは取らせてもらえませんでしたね。
          あとはコーナーぎりぎりに落ちる弱めのスパイクのうまさ。
          あとは第三セットの17-14のように苦し紛れに返したボールでもきちんとエンドラインぎりぎりに返してくる精度の高さ。震えましたね。

          大友さんは課題のサーブミス4本はありましたが、サービスエースもあり12得点。地元開催のプレッシャーの中の活躍といっていいと思います。

          日本チームは1勝4敗で5位でしたが、競合チームとも惜しい戦いもあり、菅山さんのブレーク、高橋さんが5試合で96得点をあげ得点王になるなど収穫の多い大会だったと思います。

          見ている私たちにとっても、勇気づけられる日本チームの活躍だったと思います。
          日本女子バレチームありがとう!
          | 女子バレーボール | 06:08 | comments(2) | trackbacks(9) |
          惜しい、本当に惜しいキューバ戦敗戦!(2005ワールドグランプリ)
          0
            女子バレー2005ワールドグランプリ

            惜しいと何度言っても負けは負けですが本当に惜しい敗戦でした。
            第四セットも終盤で3点リードから逆転され、最終セットも13-9という所から逆転負け。本当に惜しい!
            選手も悔しかっただろうと思います。

            天井から降ってくるようなとんでもないスパイクの嵐の中で戦い抜きキューバチームを精神的に追い込んだようにも思えましたが、最後は地力(馬力)とプレッシャーかなぁ。
            でも日本チームの強さも感じましたよね。

            高橋さんの26得点は文句なしに凄い!

            一方、ブラジル戦、キューバ戦、日本チームのサーブミスは8点ずつ。
            ここは私はさほど問題とは思えません。ブラジル戦で軽く見送られていた「ちょっと長い」くらいのサーブをキューバチームは見送らずに拾ってましたよね。このくらいサーブは狙ってよいと思います。
            ただし、大友さんについてはブラジル戦終盤のサーブを見て、戻ったかなとも思いましたが、キューバ戦のサーブは少しおかしかったですね。マスコミさんのインタビューなどでもサーブミスをかなり指摘されていた様で、地元のプレッシャーも考慮すると、この状況ではミスは批判できませんね。
            でも、きっと3年後の「完全アウェー」の北京オリンピックでこの経験が生きると思います。


            あとテレビみて思ったのは、「竹下」コールとかたまに選手名でコールがかかりますが、日本の女子バレはチームで戦っているので、選手へのプレッシャー考えると逆効果ではないかと思います。

            | 女子バレーボール | 09:17 | comments(3) | trackbacks(4) |
            NEWSメンバーの飲酒問題を考える
            0
              各メディアで取り上げられているNEWSメンバーの飲酒問題について

              たしかに違法であり、メンバーの無期謹慎はいたしかた無いと思いますが、これはジャニーズ嫌いの私も少々同情する点があります。
              菊間アナについては、自業自得ではありますが、他にも責任のある人はいたのでは?

              酒の場に居合わせて呑まずに帰るには周りの大人が全面的に協力しなければ難しいです。

              日本の社会は十代の飲酒を禁止していると思えない。
              自販機等で簡単に買えます。
              発泡酒や缶チューハイはジュースよりも安いです。

              また、日本の社会は酒の場を重視する傾向が強すぎると思います。
              例えば、新しい会社との取引を始める際には「じゃあ何時飲み会やろうか?」って感じの組織も多いと思います。私もうんざりするくらい参加しましたが、確かに飲み会で騒ぐと仕事はスムーズに行きます。確かに効果は高いのです。無口なエンジニアさん達は特に効果覿面です。

              今回のように大人が未成年を酒の場に呼ぶケースでは、大人にかなりがんばってもらわなければ、未成年がかわいそうです。見つかった人だけが損をするケースを今後起こさないように法整備等も必要かもしれません。

              一方現在の20歳から飲酒可能の線についてはどうでしょうか?
              社会で高卒の社員は2年間酒の場でも呑めません。
              大学でも上級生と下級生の間に線が引かれ、20台前後の狭い年齢層の集いで無理な飲酒が繰り返されています。大人のいない場所での飲酒が一番危険ですね。

              宮千代加藤内科医院(仙台市)のホームページに各国の飲酒の許される最低年齢 の資料があります。

              意外と世界では18歳程度で飲可能となっているようです。
              日本でも、線引きするなら、18歳にするととても便利ではありますが、単純な引き下げには反対です。
              例えば制限的な飲酒(特定の場所や環境のみで可能とか)を18歳に引き下げて、万が一事故が発生した場合の責任について明確にする(一方で17歳未満や高校生は絶対に購入できないようにする)などできればよいのではないかと思いますがいかがでしょうか。




              | 女子バレーボール | 12:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
              | 1/2PAGES | >>